リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

09年07月11日 つかみきれないドバイ観光~午後編

PM1:00
ホテルで着替えて、フロントで地図をGETしていたら、ショッピングモールのバスの時間や観光バス、サファリツアーなどいろいろ教えてくれました。
バスでゴールドスークに向かいます。
ホテルのキーとe-busカード
道路は朝一番とは違って混んでいて、着くのに時間がかかりました。
IMGP3545_convert_20090731205911.jpg

ゴールドスーク、今度は朝一番と違ってにぎわってます。
IMGP3548_convert_20090731210040.jpg IMGP3555_convert_20090731210434.jpg
見渡す限り、金・金・ダイヤなどもあり豪華絢爛です。目利きができれば入ってみようかとも思ったのですが、あまりのすごさに腰がひけてしまいました。
IMGP3551_convert_20090731210158.jpg


スパイススークを通ってアラブ乗り場に行きます。地図も微妙で、スパイスの香りはするものの、端を歩いていたのか、あまりお店がなく、どこを歩いてるのかさっぱりわかりませんでした。
IMGP3558_convert_20090731210538.jpg


スパイススークを抜けたものの、アラブ乗り場はどこ??状態で、炎天下の中、歩き続けました。ガイドブックをうらんだこと、うらんだこと・・
PM2:00
やっとたどりつき乗船できました。1人1dl
アラブは次から次へと出発し、現地の人でいっぱいでした。
IMGP3566_convert_20090731211552.jpg IMGP3573_convert_20090731211732.jpg


ドバイオールドスークに到着です。
ゴールドスークを見たあとなので、こじんまりしていて人はまばらな感じがしました。ガイドブックにも載っていたかわいいサンダルが売っていましたが、暑い中疲れていたので、交渉する元気も無く、おしいことをしました。
IMGP3577_convert_20090731211805.jpg


売店で飲み物を買い、タクシーに乗り、ドバイモールに行きました。
とにかくめちゃくちゃ大きそうです。
どちらが表か裏かわかりませんが、表側と裏側入り口です。
IMGP3605_convert_20090731212509.jpg IMGP3609_convert_20090731220929.jpg
IMGP3581_convert_20090731212233.jpg

PM3:00
アバヤといわれる黒い服を着たイスラム教の女性もたくさん歩いてました。
お腹もすいたのでフードコートに行きました。いろいろ迷いましたが、バーキンの隣のイランレストランPARSで食べました。お得なメニューもおいしかったのですが、ノーマルに頼んだメニューが大ヒット、おいしかったです。
IMGP3584_convert_20090731211903.jpg

高級ブランドやGAP、H&M、forever21やゴールスーク(だれもいなかった・・・)があり、ぶらぶらしてると、なんと水族館が・・・
中に入るには有料ですが、さすがドバイ、びっくりしました。
IMGP3594_convert_20090731212026.jpg IMGP3592_convert_20090731211948.jpg


お買い物をする気力もなく、暑い中観光に出ることにしました。タクシーに乗り、バージドバイというと、すぐに下ろされ、ここだと、最低限の料金と10dlとられ、乗せなければいいのに!とさんざん。そこは機材の乗った建設中のバージドバイ。
DSCF1268_convert_20090731220810.jpg
これは?不明です
DSCF1267_convert_20090731220735.jpg
ショッピングセンターのスークアルバハール
IMGP3610_convert_20090731213551.jpg


PM4:30
暑さとガイドブックの出来にぐったりし、パームジュメイラは夜訪れることにして、一度ホテルに戻りました。ネットの情報もいまひとつわかりにくかったのですが、一度来て見ないとわからないことが多いです。
ホテルに着き少し休むつもりが・・・
おきたら、なんとPM10:00

どうもご縁がなかったようです。長い旅になるのであせらず


問題は夜ご飯、ホテルの中で食べようか迷いながら、外にでました。ふと横の建物に入るとCAFEと書いてあるので、そこでご飯を済ませることにしました。
入るとみんな水タバコを吸ってます。
なんだか怪しいなと思いながら、テーブルには豆やクッキーがおいてあり、案の定あとの清算で加算されてました。あまりお腹もすいてなかったのでサンドイッチを頼みました。
IMGP3627c_convert_20090731214316.jpg
なにやら主人は水タバコに興味津々、吸っていい?と言い出し、店員さんに聞くと大喜び。いろいろアドバイスされチャレンジです。
たばこっぽくないものの、のどにくるとのこと。でも楽しそうに吸ってました。
IMGP3633_convert_20090731214407.jpg


ほどほどにひきあげ、でると、コンビニらしいものがあり、飲み物を買ってホテルにもどりました。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

09年07月12日 ドバイ出発

AM6:00

ドバイは海とプールを楽しむリゾート派はのんびり優雅に過ごせていいのかなと思いました。リゾートとはまったく縁のない私達ですが、主人は水タバコと人々の好意とこの未知のアラブの世界に魅せられたようで、気に入った様子、バスの券も余ってるのでまた来ようと張り切ってます。次回はもう少し上手に旅ができるかなと思います。

ホテルからはタクシーでなく高級車が出迎えに待っていて恐縮してると、料金はタクシー並だからというので空港まで送ってもらいました。
途中、一昔前は周りには何も無かったクロックタワーで止まったので、写真撮影。やっぱり温度差で曇って上手にとれませんでした。
DSCF1275_convert_20090731215012.jpg

チェックインカウンターはどこも混んでて、みんな重量オーバーで荷物を積み替えてる人がほとんどで効率が悪く脱力しました。

出国審査を済ませ、出国ロビーに出ると目に入ってくるのが、宝くじで当たるという車がおいてありました。出発前は買うつもりでしたが、残ったのは50dl、両替してまで買うのもと思い断念しました。
IMGP3636_convert_20090731214800.jpg

すぐ近くにおみやげ物屋さんがあり、アラビアングッズが豊富で、ランプや気に入った水タバコがありました。帰りに水タバコを買おうか迷ってる主人、お店の人に営業時間を確認したところ、24時間オープンしてるそうです。気合十分です。
お菓子を買ってる人も多かったです。
IMGP3639_convert_20090731214838.jpg


待ちに待ったエミレーツ航空ロンドン行きエアバス380です。音響トラブルで出発は遅れました。ロンドンに着くとNYに乗り継ぎで時間がないと騒いで一番前で降りるのを我先に構えてる人もいました。隣の大きなインド人のおじさんは乗り継ぎでワシントンに行くようです。乗ったエミレーツは何かと遅れがちでしたが、トランジットがあるので、ほどほどには出発させてるようです。
エアバス380はファーストビジネスは2階席でのぞけませんでしたが、新しくきれいで気持ちよかったです。トイレの表示がいまひとつわかりにくく、いつも空いてるのに並んでました。トイレも高級感がありきれいでした。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

09年07月12日 来て見たかったロンドン

PM0:20
ロンドンは、主人は学生時代に来たことがあり、物価が高く具合も悪かったのであまりいい印象はない様子。ほかにもギャングにあったとかあまりよろしくない話ばかりでなかなか足が遠のいてました。2日もあれば十分といい、強行スケジュールながら、学生時代からの念願かなってロンドン上陸です。

ドバイとはうってかわって、からっとしていて気持ちのいいこと、気分も爽快です。
ロンドンはタクシー代も高いとのことで、電車で移動しました。さっそく駅でオイスターカードを購入しました。suicaと同じでデポジットを取られますが、割引が適用になるので有効に活用しました。そして、出国するときは返却しないと損になります。

ホテルは大英博物館の近くのThe Beauchamp。そこまでは電車で一本で行けるので楽でした。降りてからは出口がいろいろで迷うのですが、すんなりホテルまで移動できました。
IMGP3650_convert_20090803154600.jpg

着くとまだ部屋の用意ができてなくて2:00にならないとチェックインできないとのこと、再チェックインも面倒なので待つことにしました。ホテルというより、高級なアパートメントホテルという感じです。
部屋は一階だったので道路からの人目が気になるところと、少し狭かったですがまーまーかな。
IMGP3654_convert_20090803154809.jpg DSCF1284_convert_20090803154910.jpg



チェックインを済ませ、さっそく大英博物館に向かいました。
IMGP3656_convert_20090803155022.jpg

大英博物館は入場無料。物価の高いロンドンではうれしい限りです。
そして、泥棒博物館と言われ、恨みもかっているらしいです。
エジプト象形文字解読の手がかりになったロゼッタストーン
IMGP3671_convert_20090803210128.jpg DSCF1401_convert_20090805200839.jpg


いわくつきのパルテノン神殿の彫刻群
IMGP3678_convert_20090803210212.jpg

見所満載で写真を載せてもきりが無いので、人気のあるのはミイラの部屋、やはり目玉のひとつでしょう。
内臓を入れる壺だの、みんな熱心に見てましたが、私は最後のほうは気持ち悪くなってきました。
IMGP3685_convert_20090803155322.jpg

DSCF1307_convert_20090803155738.jpg

中庭の売店で本を購入し、一休みしようとしましたが、あまりおいしそうなものもなく、高いので出てから探すことにしました。
IMGP3705_convert_20090803230457.jpg



PM5:00
天気もあやしい感じになってきました。
まずはコヴェントガーデンに行きました。大道芸人など芸を競い盛り上がってました。
ピッツアを食べようと思ったのですが、雨よけもできず微妙な感じでここでも入りそこねました。そして電車に乗ってピカデリーサーカスに向かいました。雨はぱらついてたものの観光客でにぎわってました。
IMGP3711_convert_20090803210605.jpg


そしてトラファルガー広場に向かおうしている途中に、道がずれてしまったのか、大きなヨーク公記念柱がありました。
DSCF1321_convert_20090803213544.jpg
そして立派な門があり、それはビクトリア女王を称えて造られたアドミラルアーチでした。
IMGP3719_convert_20090803213208.jpg

やっとトラファルガー広場に到着です。奥にはナショナルギャラリーが見えます。入る予定もなかったのですが、いずれにしろ時間も遅いので入館は無理でした。
雨もあがり、たくさんの人がライオンに上り、思い思いに撮影していて独占できませんでした。
噴水の周りにも休んでる人たちがたくさんいました。しばらくその中に混じって少しぼーっとしてました。
DSCF1329_convert_20090803213836.jpg IMGP3732_convert_20090803214007.jpg



PM6:20
そして、誰もが知ってるビッグベンまで行きました。たくさんの観光客が押しかけてました。テレビや写真では数え切れないほどみたビックベンは、想像以上に大きく威厳がありました。長い間、ロンドンの街を見守り、鐘を鳴り続けてるのでしょう。
IMGP3741_convert_20090803214210.jpg


そして目の前の広場でチャーチルを撮影。
DSCF1336_convert_20090803214253.jpg


すぐそこにはウエストミンスター寺院があります。
日曜日なので信者の方はもう6時を過ぎてましたが、入っていってるようでした。
IMGP3748_convert_20090803214401.jpg IMGP3750_convert_20090804213643.jpg



PM7:00
ここでオイスターカードの活躍です。バスに乗り、歩きながら見つけたバーがあるトラファルガー広場まで戻りました。ロンドンの食事はいまひとつという評判なので、あたりもはずれもわかりませんが、目に付いたsilver crossというお店に入りました。観光客ばかりでしたがにぎわってました。
IMGP3734_convert_20090803214122.jpg

カウンターで注文し、その場でビールはもらい、フィッシュアンドチップスをオーダーした番号札を持ち席に着きました。食べ物が出るのに時間がかかり、来たときにはビールは空状態でした。ビールおいしかったです。
主人は魚は好きでないので反応は微妙~揚げ物なのでお腹は膨れ満腹状態でした。白身魚なので淡白ですが出来立てはあつあつでおいしかったと思います。でもグリーンピースはどうなのでしょう。
IMGP3763c_convert_20090803214756.jpg



PM8:00
やっと暗くなり始めました。お腹もいっぱいになり、ほろ酔い気分でぶらぶらしながらホテルに帰りました。
IMGP3765_convert_20090804220152.jpg




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

09年07月13日 ゆったり!?ロンドン観光~午前編

AM6:30
朝起きると肌寒く、少し羽織るものがほしいような陽気です。
朝食はホテルで簡単な朝食がついているので、食べに行きました。
ロンドンなので紅茶をいただきましたが、ティーパックで味気ない感じです。
ハムやチーズ、果物と、ヨーグルト、クロワッサンとトーストするパンのセットなどでした。ヨーグルトは日本以上に甘くなくびっくりしました。ヘルシー嗜好のヨーロッパを感じました。


TottenhamCourtRoadというバス停まで行き、ウエストミンスター寺院方面に行くバスに乗りました。
IMGP3775_convert_20090805105136.jpg

ウエストミンスター寺院にはまだ入場できません。入場料が12£(2000円弱)なので、主人は教会の入場料で2000円だぁ!!と最初から入場する気はなかったのですが、中は撮影禁止なものの、見所はたくさんあるようです。今は少し円高でこの金額、入ってみればよかったかな。
DSCF1346_convert_20090805105316.jpg


そして昨日大きくてびっくりしたビックベンに行きました。
ちょうど9時です。雲が多くすっきりとは行かず残念です。
279_convert_20090806100235

テムズ河をはさんだ対岸には、ロンドンの街を見渡すロンドンアイがあります。ここも10時オープン。これは15.5ポンド、私は観覧車系は別に・・・と思っていたら、主人は「乗ってもいいかな」なんて言い出しました。えっーーそうなの!?
DSCF1355_convert_20090805110121.jpg


11:30からのバッキングガム宮殿の衛兵交代式にあわせて行動しなければいけません。どうにも中途半端な時間、肌寒いしお茶でもしようかとコーヒー店探しが始まりました。スタンドはあるのですが、座って休むというところはみつからず、セントジェームスパークについてしまいました。
IMGP3800_convert_20090806135142.jpg IMGP3799_convert_20090806134305.jpg

お茶のマークがあるので行ってみると、ここもスタンド式の販売だけでしたが、コーヒーを買ってベンチでぼんやりしてました。でもコーヒーは薄かったです。
ベンチでぼんやりしてると、なんとペリカン!?が登場
最近は動物には敏感に反応してしまい、うれしい気分になりました。あっという間に人だかりになってました。
IMGP3808_convert_20090806134351.jpg IMGP3814_convert_20090806134432.jpg
そしてもうひとつの人だかりは、りすがたくさんいて、みんなナッツをあげて、おいしそうにほおばってました。
DSCF1360_convert_20090805110407.jpg


AM10:30
バッキングガム宮殿に向かいました。
広場近くにはたくさんの警官がいて、ふざけて逮捕されるようなポーズを写真をねだって、警官が「もう最後だよ」といいながら和やかな雰囲気で写真を撮ったりしてました。
IMGP3821_convert_20090805195832.jpg
着くともう場所取りが始まってます。宮殿側はとても混んでいます。門のところは式が始まると規制されます。
IMGP3834_convert_20090806135558.jpg
ガイドブックではこの道を通るだろうと噴水側で場所をとりました。
どんどん混んできて、見やすいように柱の上に登る観光客は注意されてました。
11:00を過ぎると、前庭では式が始まり、しばらくすると音楽隊がにぎやかな音楽を奏でながら行進してきて、観光客を楽しませてくれました。
IMGP3841_convert_20090805195552.jpg
次はホースガードの行進も続き、とても華やかでした。
IMGP3844_convert_20090806141914.jpg
中では音楽隊が演奏を続けてました。
DSCF1371_convert_20090805195740.jpg


PM0:00
まだ演奏は続いてましたが、終わった後の移動も怖いので早めに動きました。
私たちにしてはのんびりすごした午前観光でした。
次はロンドン塔に行きます。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

09年07月13日 ゆったり!?ロンドン観光~午後編

PM0:00
バッキングガム宮殿のまわりにはまだまだたくさんの人が式典を楽しんでました。
地下鉄でロンドン塔に向かいます。
IMGP3861_convert_20090806143545.jpg

出発前は主人は「牢獄を見るの??」と消極的、「ここは世界遺産だし、世界で最大級のダイヤモンドがあるし、ひとつくらいはみてもいいかな」と、ようやく乗り気になった観光名所のひとつでした。着いてみると、長蛇の列ができてます。「並ぶ?並ばない?」「ダイヤだけのためにね・・・」こんなときはよほど時間に余裕がなければやめてしまう私たち、結局見損ないました。どこでも人気のある観光名所は朝一番でないと混んで大変ですね。
裏から周り、遠目ですが、広場にはたくさんの人がチケットを求め並んでるところがわかります。
IMGP3875_convert_20090806144759.jpg
二度と戻れない「反逆者の門」のトレイターズゲートだけはかろうじて見れました。
DSCF1382_convert_20090806145202.jpg


そしてすぐそばには、言わずと知れたロンドンの名所タワーブリッジがあります。
橋があがるのを一度は見てみたいですね。
DSCF1376_convert_20090805200212.jpg

少し小雨もぱらついてきました。
河沿いにレストランが何軒かありましたが、まだお腹も減っていないので入るのをやめました。
そしてバスに乗り、ショッピングに行こうと思います。
バスに揺られてると立派な寺院が見えてきて、「忘れてた、セントポール大聖堂」だというので、慌てて降りました。
IMGP3882_convert_20090806153129.jpg

PM1:00
セントポール大聖堂に行く途中、にぎわってるイタリア料理店「Strada」を発見。のども渇いたので入りました。ビールとピッツアを注文しました。お隣でピッツアを食べてる女性は半分残してるので、一枚だけにしました。
のんきに入った私たちですが、しばらくすると、反対側の料理も出ていないビジネスマンが、「お腹が減ってる」と騒ぎ始めました。またしばらくすると「一時間も待ってるんだぞ」と言っていて、一時間はビジネスマンできついなと思ってると、その隣のビジネスマンのグループもかなり待っているようで、いらないとキャンセルし帰ってしまいました。
要領が悪いのか、シェフがいないのか、日本では考えられません。私たちは観光客なので待つことにしました。お隣さんの食事がようやく運ばれ、丸くおさまり、お会計をし去っていきました。私たちは一時間こそ待たなかったものの、30分以上は待たされました。
ピッツアは薄い生地のものでおいしかったです。リーズナブルでそこそこおいしいと評判らしいのですが、これだけ待つのは大変です。

すぐそばにインフォメーションセンターがありました。
特に有力な情報は得られませんでしたが、パンフレットはいくつかもらってきました。
DSCF1388_convert_20090805200653.jpg


PM2:30
セントポール大聖堂くらいはみてみようと混んでましたが並びました。
IMGP3884_convert_20090805200452.jpg IMGP3889_convert_20090806160041.jpg

しばらく進むと中に入れ垣間見れました。今度は私が「10£だし、見なくてもいいか」ということになり、ここも入らずじまいです。母に言ったらなんと言われることか・・・そこまで行ってみなかったの!?と。
DSCF1391_convert_20090805200541.jpg


またバス停に戻り今度こそ、ショッピングに向かいます。
ピカデリーサーカスの辺りは大渋滞してました。
バーバリーがあるREGENT STREETを目指し、途中フェラーリーの展示場に吸い込まれましたが、歩行を修正し、バーバリーに到着です。バーゲンの文字に躍らされうきうきしながら入りましたが、やはり高かったです。早々に退散です。
IMGP3900_convert_20090805200743.jpg
それからデパートを見たり、特にほしいものも無く、おみやげ物屋さんが何軒かあったので、マグネット集めをしてるのでいくつかと、ちょっと古ぽけた葉書を買いました。


PM4:00
なんとかロンドンみやげも買ったので、また大英博物館に行きました。
昨日気になったところだけ回りました。今日も相変わらず混んでました。
IMGP3672_convert_20090803155145.jpg


PM8:00
ホテルで一休みし、食事と夜景を見に出かけました。
朝と同様バス停まで行き、今度はウォータールー行きのバスに乗りました。
目指すはビックベンです。大道芸人がサーカス芸のようなものをしてました。待っても一向に本題に入らないので、歩き始めました。
ビックベンも見えてきました。もう少し歩くと、ロンドンアイの乗り場がありました。乗りたいのかなと思ったら、今度は「乗らなくてもいいだろう」と言うのでやめました。結局何も入場料は払わずにロンドン観光が終わってしまいました。ロンドンは物価が高いので普段はお財布の紐がゆるゆるなのに、この時ばかりはきゅっとしまってしまったようです。
IMGP3910_convert_20090805201026.jpg


大きな道路ではテレビのリポーターが生放送してました。たぶん。
みんな同じ顔に見えるのでテレビで見たことがあるといえばあるような、有名なのか人がたくさん集まってきました。
IMGP3918_convert_20090805201101.jpg


12時間前もちょうどこの場所にいたなと思いながら、ビックベンで写真を撮りました。
IMGP3924_convert_20090806170944.jpg

そして、バスに乗り、何か食べられるだろうとピカデリーサーカスに行きました。
ピカデリーサーカスで、食べるところに迷っていたら、いつの間にか中華街に入り込んでしまいました。だんだん疲れてきたのと、ご飯ものを食べたかったので、流行ってそうな中華料理屋中華楼に入りました。店員さんは在住の中国人のようで感じもよかったです。
おすすめの豚肉のスパイシー揚げは少し硬めでしたがおいしかったです。春巻きは微妙でした。チャーハンも久しぶりのご飯はおいしかったです。
でもロンドンに来て、微妙な中華を食べなくてもよかったかもと後悔しました。
48Gerrad street London WID 5QL

PM11:00
お店をでて表どおりはこんな感じでした。
IMGP3926_convert_20090805201200.jpg
ぶらぶらしながら、こうしてロンドン観光の終わりを実感するのでした。考えてみるともう2都市、あっという間です。明日はユーロスターでパリに行きます。





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記