リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

行ってきます!

日頃、ご訪問ありがとうございます
訪問してくださる方がいらっしゃると心強く、励みになってます

コメントではちらほら話も出ていましたが、本日、リベンジ旅行となるアジア方面に出発です!
いまだに荷物も出来上がってなくて、少々あせってます。
毎度、出発前は忘れ物はないか、いつもこんなあわただしい感じで、出発を迎えてます。

あいにくの雨季で雨は覚悟しないといけないようです。
最近雨に降られることが多くて、日ごろの行いを反省しなくてはいけません

しばしご無沙汰しますが、帰国後、お付き合いよろしくお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
楽しんできます!




ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/11/19 10:07 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(-)

うわさの羽田空港~シンガポールへ

今回は、うわさの羽田空港から出発です。

事前にインターネットでチェックインしたものの、家を出たのが結構ぎりぎりの綱渡りでした。羽田空港に着いたのは、1時間半前、渋滞していなかったのでほっとです
それでも、深夜の羽田空港は、出発する人とふらっと来てるのか、まだまだたくさんの人が訪れ賑わい混んでました。

チェックインカウンターは、
仕事帰りの出発グループや個人旅行者で混んでいて、まだまだにぎわってます。しかし、インターネットチェックインしていても、とても効率が悪く、同じ入力作業をしているようで、さらに窓口も少ないので回転しません。インターネットチェックインする意味があるのか疑問でした


おなかも減ったので、4Fの江戸小路のレストラン街
RIMG0001_convert_20101124151802.jpg

行ったものの、当然ながら、11時を過ぎていたのですべてクローズしていました。
RIMG0005_convert_20101124093916.jpg RIMG0006_convert_2010112409372.jpg


上の展望台にいく余裕もなく・・・・・

フードコートに駆け込みました。
オーダーは通ったものの、できている冷たいおにぎりにおそば、ベルで呼び出しがかかるまで15分とかなり時間がかかりました。うーん


そして、

いよいよ手荷物検査

成田に比べ、こちらもかなりの行列。ここも20分ほど並び、短い路線が多いからか、液体物を持ち込む人が多いのと、まだまだ検察官が不慣れなのか、ここも不手際が目に付きました。
並んでる人の話している評価もみんなそれなり。これだけ待つなら成田のほうがいいとか、それでも羽田の国際線本格化を望む人は多くいるような感じでした。


DFSもゆっくり見る間もなく、バタバタと飛行機に乗り込みました。


今回はシンガポール航空
残念ながら新型A380型でありません。
機内は相変わらず寒かったです。

食事は、
搭乗後には、軽いやわらかいパンのサンドイッチ。
着陸前には、オムレツか鮭が入った和食料理。
(こんなことなら、やっぱり写真を取っておけばよかったです
オムレツを頼みましたがあまりあたたかくなくて、今回は添乗員さんに食事は飛ばされるし、
シンガポール航空は評判もいいだけに、どちらもあまりおいしくなく残念でした。

深夜なので睡魔に勝てずにほとんど寝てましたが、寝てると食事で起こされ、くたくたの6時間強のフライトでした。
相変わらずトランジットが多いのか、シンガポールで入国している人はかなり少なかったです。



空港で両替し、タクシーでホテルまで向かいます。


ここでちょっと両替情報です!
アジア圏は日本で両替するよりも、滞在する国で両替するほうがお得です。
ガイドブックにはリトルインディアにあるムスタファセンターがいいと書いてあったので鵜呑みにしてしまいましたが、空港のほうが今回はレートがよかったです。
そのときによって随時変わるでしょうけど、
空港オーチャードのラッキープラザムスファスターセンター
でした。

そのほか

レストラン
おしぼりや出てくるおつまみは有料で課金されてました。
おしぼりが無料なのは日本くらいですね。

タクシー
タクシー料金は比較的安いのですが、時間帯によって割増料金がかかり、さらには、ERPゲートを通ると課金されるので、結構これが落とし穴で、ホテルの場所も選んだほうがよいそうです。

トイレ
バンコク・台北・上海はトイレットペーパーが流れるか心配なことがありますが、シンガポールはそんな心配はなかったです。

喫煙
厳しい取締りのイメージですが、意外に吸う場所が確保されています。

以上、微妙な基本情報でした

まだまだリハビリ中ですが、明日からは旅行記が始まります
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村




ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/11/24 16:22 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(18)

やっぱりマーライオン

11月20日AM8:00(vol1)

今回のホテルはマリーナベイ近くのPanPacificSingaporeです。
選んだ経緯や室内の様子はまた別の機会に紹介します。
RIMG0028_convert_20101126094005.jpg

チェックインは10時くらいにできるとのことでしたが、荷物だけ置かせてもらい、

観光に出発です
map-city1_convert_20101126103551.jpg
(GoogleMAPは重いのでコピーしました

シティホールを外れたマリーナエリアにあるホテルから、
まだ閑散としているショッピングモールのマリーナスクエアを抜けて
IMG_4606_convert_20101126094530.jpg


カジノがあるマリーナベイサンズも、建物の影から見えてきました。
今ではマリーナベイの立派なシンボルです
IMG_4611_convert_20101126110951.jpg



目指すは、もちろん、

 シンガポールのシンボルマーライオン

エスプラネード橋を渡り

だんだん金融街のシェントンウェイをバックにしたマーライオンパークが見えてきました。
相変わらず、勢いよく噴出してます。
IMG_4614_convert_20101125150920.jpg


役所、郵便局と変遷を経てきたフラトンシンガポール
格式のある落ち着いたホテルとして人気があります。
IMG_4619_convert_20101125155725.jpg

マリーナベイ側のぎざぎざのドリアンのような建物の劇場エスプラネードシアターと宿泊するパンパシ(写真中央)も見えます。
IMG_4622_convert_20101125155636.jpg


いよいよ

マーライオンとご対面~。
RIMG0031_convert_20101125155847.jpg



上半身がライオン、下半身が魚という伝説の生き物で、
このマーライオンいろいろな諸説があるようです。
ミニマーライオンが本家だったとか・・・もし事実なら世界3大がっかりに入るでしょうね~

マーライオンは5つ存在しているそうです。
 セントーサ島(夜は強烈なビームを放ちます。こちら
 マーライオンパーク
 背後のミニマーライオン
 フェーバー山
 シンガポール政府観光局本局の前(オーチャード)にひっそり
5つ確認したい方はこちらをどうぞ!

今回は大きさ把握のため人との比較です。
ミニマーライオンは、人と同じくらいの大きさでしょうか。
IMG_4626c_convert_20101125155522.jpg

こちらは8mサイズ
IMG_4631_convert_20101126111425.jpg


この人気のマーライオン、
いろいろな手乗りや、吐き出しポーズ、シャンプーポーズでで楽しむようですが、
微妙な手乗りだけは制覇しました。が、お見せできるものでないので、
元気に吐き出してるマーライオンをまた懲りずにご覧いただきたいと思います。初めてみたときは、想像と違って大きかったので感激しちゃいました。だからといって、3大がっかりとの比較なので過度な期待は禁物です
IMG_4650_convert_20101125155006.jpg

マリーナベイサンズとアートサイエンス・ミュージアム
IMG_4646c_convert_20101126110159.jpg



まだまだ8:30
引っ張るつもりはないのですが、長くなってしまったので第一部終了です。
1日目は5部作になりそうです。

えーーーーっ私もびっくり

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ図々しいですがど~ぞよろしくお願いします
にほんブログ村




ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/11/26 11:45 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(18)

シティホール散策

今朝は、
関西テレビ系にじいろジーンの世界見聞録でシンガポール特集でした。
ここ最近、旅行し終わった後の情報はうれしいような、寂しいような微妙な感じで~

 動物園
   昼の動物園も迫力があって、よく見れて楽しそう
 ドリアンシュークリーム
   くさくないのかな?と思ったのですが、
   やっぱりネットではくさいとの微妙な評価ですね。
 「Charles & Keith
   あまりのショッピングモールの大きさにお買い物する気が、
   うせてしまい、たどりつけなかった靴屋さん。
 マリーナベイサンズからのスカイパーク(屋上庭園)
   サンズには行ったものの、遅い時間にて断念。

が取り上げられてました。次回機会があればリベンジです!
いつまで経っても抜け出せませんね~。

やっぱり、
マリーナベイサンズのスカイパークのインフィニティプールからの眺めは、それはそれは恐ろしいものがありました。(画像はこちら

こちらのスカイパーク
 営業時間は10時~22時。
 入場料は、大人20シンガポールドル
 (本日1SD=64円で1280円)
 *スカイパーク内のプールの利用はホテル滞在者だけだそうです。
IMG_5084_convert_20101127204358.jpg




旅行記第2部は、歩いただけなので、街の雰囲気を味わってください。

11月20日AM8:30(Vol2)

アンダーソン橋をわたり、シンガポール川沿いを歩きます。
RIMG0049_convert_20101126164629.jpg


アジアなのにアジア感がない
ヨーロッパの面影を色濃く残しているシティホール周辺。

現れるのが

ビクトリアホールの正面の腕組をした
 シンガポールの父ラッフルの黒い銅像
IMG_4655_convert_20101125154902.jpg



この建物を過ぎ、川のほとりには、

街を見渡すかのように近代シンガポールの父と呼ばれる
 
  白いラッフル像があります。

観光客でにぎわってるので、すぐにわかりました。
1819年にラッフルが上陸した地点で、彼は無関税の自由港政策を定め、近代シンガポールの幕開けとなりました。
IMG_4658_convert_20101125154738.jpg


そして、

シンガポールの中枢を見ながらラッフルズホテルを目指します。

丸いドームの最高裁判所
こういう風景をみると、またヨーロッパが恋しくなります
IMG_4669_convert_20101125154635.jpg


緑豊かなセントアンドリュース教会
ほとんど緑に埋もれて外観がわかりません
RIMG0060_convert_20101125160837.jpg


4本の柱が寄り添う68mの塔が建つ戦争記念公園
戦争の悲惨さを伝える日本占領時期死難人民記念碑です。
IMG_4682_convert_20101125154208.jpg


街はすっかりクリスマスです。
真夏のような中のクリスマスはどんな感じなのでしょう?
IMG_4680c_convert_20101125154401.jpg



いよいよラッフルズホテル到着です!

シンガポールを代表する

  最高級ホテルのラッフルズ
IMG_4685_convert_20101125154035.jpg

アルメニア人の富豪サーキーズ兄弟によって建てられ凛としたただずまい。
エントランスには名物ドアマンの姿がありました。
ロビーについただけでも、すごいオーラを感じます。

うかつに足を踏み入れてはいけないような・・・・高級感あふれ、敷居が高いです。
しかし、恐れず中に入っちゃいました
ふかふかの絨毯と吹き抜けの豪華なロビー、ものすごい威圧を感じカメラ撮影はできませんでした。

アーケード街は早すぎてオープンしてなくてNG。ついつい忘れがつなミス、休館日・オープン時間はチェックしないといけません

どこか見なくてはと、レストランがある辺りをぶらり。
お庭には噴水があって、とても優雅な雰囲気。
一度は泊まってみたいな思いました。
IMG_4692_convert_20101125154123.jpg



あたたかい南国で出会ったお花
日本ではお見かけしない、あざやかできれいです。
IMG_4675_convert_20101125154553.jpg IMG_4697_convert_20101125153848.jpg


さー、まだ9時すぎですがおなかが減ってきました


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へよろしくお願いします
にほんブログ村




ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/11/27 21:45 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(12)

まだまだ魅惑の朝食です。

11月20日AM9:40(vol3)

お目当ての朝ごはんは10時オープンなので、その前に一休み

オーチャードの2009年にオープンしたショッピングセンターのアイオンのフードオペラに行きました。
RIMG0111_convert_20101125161646.jpg RIMG0104_convert_20101125161303.jpg

ここも10時オープンで、お店は開店の用意に追われてたり、店員さんが食事をしてました。
かろうじて空いていたTeaLoftに入り、カヤトーストとアイスコーヒーを頼みました。

カヤトーストとは、
ココナッツミルク、卵そして砂糖で作るカヤジャムとバターをトーストにはさんで食べます。半熟卵は別料金だったので頼みませんでしたが、シンガポーリアンはぐちゃぐちゃにしてつけて食べるそうです。
どうかな~?とおそるおそる口に入れるとおいしい~。ココナッツとバターの絶妙なコンビ。はまりそうです。カヤジャムお買い上げ決定です
これでS$1.7(108円)アイスコーヒーはS$1.8(115円)
二人で一人前しか頼まなかったので、名残惜しいですが、次が控えてるのでここで我慢
お隣で食べてる方の麺もとてもおいしそう
IMG_4702_convert_20101125153750.jpg IMG_4706_convert_20101125153707.jpg



いよいよお目当てのチキンライスへ。

MRT(電車)で、切符を買ってると、
若い女の子の高い声で獲物をつかまえたかのように
「えー日本人ですか~~~?」
なに~この声のかけ方
「切符の買い方教えてください~」と・・・・
おいおい、調べてないの
と思いましたけど、懇切丁寧かどうかわかりませんが、磁気カードの買い方を教えてあげました。

TICKETには何タイプかありますが、
払い戻し不能なEZLinkCardは、デポジット分のS$5(320円)は戻ってこないのですが、少し割り引いてくれます。
どちらが得かわかりませんが、1回1回買うTICKETを買いました。このTICKETは目的地で改札を出たら、S$1(64円)のデポジット料金が含まれてますので、払い戻しをいちいちしなくてはいけないので、悩みどころです。チリも積もればたいした金額です。そして購入後1ヶ月以内に清算しないと、デポジットは戻ってきませんので、すぐに清算をお勧めします。
IMG_4707_convert_20101125151912.jpg RIMG0078_convert_20101125161045.jpg



さーさー、ジェネレーションギャップは跳ね除けて

お目当てのやわらかくておいしいっていう評判の
 威南記海南鶏飯餐室

行き方はわかれば簡単ですが、こちらを参考にしました。
大きな通り沿いをすすんでいくと着きました。見覚えのあるこの看板。
IMG_4736_convert_20101125151400.jpg

空いてる席に座ると、愛想のいい茶目っ気のあるおばさんが応対してくれました。
瓶ビールは凍っていそうなほどとても冷えていて、朝からこの大きさ。暑かったので2本も頼んだものの、大瓶だったので1本丁重にお返しさせてもらいました

チキンライスはローストとゆでたものを1つずつ頼みました。1つS$4(256円)
味のしみこんだご飯とスープがついてきました。
チリや中国しょうゆ、生姜などいろいろな調味料をつけていただきます。
前評判がよくすごい期待していたので、冷えてるんだ~とちょっとがっかり。温かければやわらかくておいしいんだろうな~と思いました。味の比較はできませんが、とってもお安いので相対的においしいのでは!?という判断です
IMG_4718_convert_20101125151811.jpg IMG_4727_convert_20101125151703.jpg


日本では見たことがない頭の冠毛がかわいい鳥を多く見かけました。
オオハッカという九官鳥の仲間らしく、ちょこちょこかわいい動きをします。この鳥は食べ残しを狙ってるらしくすばしっこく鳥が鶏をgetして去っていきました。
IMG_4733_convert_20101127223411.jpg


疲れた体にすっかりビールがきいて、
MRTでリトルインディアに行きました。


1日目はとっても長くなりそうですよろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村




ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/11/29 16:27 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(10)