リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

帝国ホテルの「レ・セゾン」でディナー

国内のお話が続きます


今回は、ディナーのお話
お祝いをかねて、大奮発~


元祖御三家ホテルの一つ帝国ホテル
メインダイニングのフレンチ料理のレ・セゾン


本館中二階です
今回何年振り??の訪問で、すごく楽しみにしてました
DSC06471.jpg



ウェイティングエリアで記念撮影したら

奥のテーブルへ案内されました
内装はクラシカルモダン、重厚感があります
DSC06468.jpg



シェフは、フランス・シャンパーニュ地方を代表するシャトー「レ クレイエール」でシェフを務めたティエリー・ヴォワザン氏
伝統を大切にしながらも和の食材を取り入れ、新たな感性を取り入れたお料理がいただけます


いただいたコースはLES SAISONS DES SAISONS

コースとはなってるけど、
プリフィックスで、お好みで要望に応えてくれるのは、さすが帝国ホテル



ビールで乾杯~
そのあとはワインもいただきました
DSC06433.jpg


アミューズ
さくっとした一口のパイ
DSC06435.jpg



フランスパン
パリッとしていてすっごくおいしかったです
このほかにも青のりのパンもおいしかったです
DSC06438.jpg



アミューズ二品目
キャビアの缶に入ったとってもおいしかった一品
ピスタチオのクリームのようなペーストに鮭のようなたたきが入っていていい塩気に、パンが進んで食べ過ぎ注意です
演出には食用の四葉のクローバーが添えられて、クローバーは持ち帰り押し花となりました
DSC06436.jpg



前菜
パリジャンに見立てて
ポワロー(西洋葱)とじゃがいものフォンダンをチキン風味のジュレの上に 鰹節クリームとキャヴィア添え

メニューには聞いたことがない言葉がいっぱい~、
お料理の説明してくれたのだけど、酔いも回って、記憶も怪しげ・・・
チキン味のジュレに西洋葱とじゃがいもを裏ごしたものにキャビアがのっていてとても贅沢~、鰹節のクリームソースを合わせていただきます
シェフは、日本の食材を使うのにこだわりを持っていて、うまく演出してます
DSC06439.jpg



スープ
フォワグラのロワイヤルにとうもろこしのヴルテ
クルスティヤントにしたカカオとトンカ豆

黒い網状のものは見た目も華やかなカカオ
壊すのがもったいないほど~
中には贅沢なフォアグラ~、そして、とうもろこしのスープ
カカオのほろ苦さがフォアグラを引き立たせてくれます
DSC06442.jpg


ここでお腹もいっぱいに・・・・
もう少し品数は減らしてよかったです


フランス産舌平目を骨付きのままリソレして 生姜バター 人参のコンディマンテ
とっても大きな舌平目
絶妙な火加減で身も締まって味わいもあり、ふわふわです
また青のりのソースが良いアクセントになってます
DSC06447.jpg




オマール・ブルーのロティ ソーテルヌとフヌイユの香り
今度はオマール海老のお料理3品です
DSC06448.jpg


びっくりしたのは和テイストの麺つゆでいただく海老の爪のフリット
新鮮な海老を揚げて~、何とも贅沢
まさかフレンチでいただくなんて~びっくりです
DSC06451.jpg


こちらは
オマール海老のポワレ
海老味噌スープが濃厚でおいしいです
DSC06452.jpg


オマール海老のフラン仕立て
DSC06453.jpg


そして

メインです!

名物の「ジェラール・ボワイエ氏 直伝の黒トリュフのパイ包み焼き
ここレセゾンの看板メニュー
ジェラール・ボワイエシェフより伝授された贅沢な一品
黒トリュフが一個丸々パイで包まれてます!
DSC06455.jpg


パイを割ると一粒のトリュフだけでなく~、なんとフォワグラも入ってます!!
トリュフはこんなに贅沢にいただいたことはなく~、香りもよく、歯ごたえがあり、こんな贅沢めったに味わえません~
焼きたてさくさくの生地に濃厚なフォアグラが味に深みを増してくれます
ソースもきれいな黄金色に輝いて~、まぶしかった~
IMG_20170708_201201.jpg



お腹もいっぱいですが、まだまだ続きます


カフェ
赤い果実とシャンパンジュレ エルダーフラワーのソルベ
さっぱりしたベリー系のフルーツとシャーベット
泡泡がおしゃれ~
DSC06462.jpg



プレゼントのケーキ
ラズベリーのショートケーキ
お腹はいっぱいでしたが、せっかくなのでいただきました
クリームは濃厚でさすがに一味違いました
IMG_20170708_204434.jpg



外資系ホテルが増える中、さすが老舗ホテル、サービスも堅苦しくなく居心地も良く完璧です
そして贅沢なお料理をおいしくいただきました
やっぱりここが一番思い出深く格別なレストランです



ホテルのロビー
IMG_20170708_210756.jpg


元気が出るひまわり
DSC06470.jpg



次回からはオーストラリア旅行記に入ります

ジャンル : グルメ
テーマ : 美味しかった♪

[ 2017/09/08 17:50 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(12)

ふるさと納税の返礼品で「櫓庵治 銀座店」へ

旅行記の合間に国内のお話を少し~


地域創成を掲げたふるさと納税は話題となり、寄付をされてる方も多いと思います
我が家もいくつかの自治体に寄付をしてますが、紹介するのは初めてです


今回は佐賀県伊万里市の返礼品です

なんと銀座で
「伊万里牛」のステーキをメインとし、伊万里の食材を目の前の鉄板焼きでいただけるという大変ありがたいランチチケットが届きました

お邪魔したのは櫓庵治 銀座店
DSC06396.jpg



店内はカウンター席とテーブル席があります
週末の予約はかなり人気で、鉄板が見えるカウンター席は2か月先の案内でした
なおHPには「現在、受付を一旦停止してる」と記載があり、人気ぶりがうかがえます
また近々再開されることと願います・・・・
DSC06364.jpg



いただいたスペシャルランチ
DSC06363.jpg



外が見えるカウンター席
飲み物は別料金ですが、ビールで乾杯~
DSC06388.jpg




前菜
枝豆の豆腐、チーズ、はとす(パンをあげたもの)、高菜すし

高菜に、はとすは九州らしいお品です
DSC06366.jpg


スープ
ズッキーニの冷製スープ

ジュンサイがポイントです
DSC06368.jpg


温物
餡かけ茶碗蒸し

やさしいお味です
DSC06371.jpg



目の前で焼かれてるのは、
お肉の付け合わせの茄子にししとう
DSC06378.jpg


メインのお肉
キャー、おいしそう~
DSC06376.jpg



メイン
特選A5伊万里ステーキ

お肉の種類は3種類
もも100g・サーロイン80g・フィレ
ももかサーロインがおすすめ
両方とも味わいたかったので、夫はもも、私はサーロイン
焼き加減はミディアムレア

こちらがサーロイン
付け合わせは、先ほど焼いていたなすとししとうに、にんにくチップ
お好みで、ポン酢・ガーリック醤油・塩をつけていただきます
いい色合いです
DSC06381.jpg


先ほどのは半分の量
DSC06383.jpg




もも
写真は半分の量ですが、あっさりした味わいです
DSC06380.jpg




お食事
九州の麦みそを練りこんだ味噌汁、窯で炊いたご飯、おいしさが違います
あとはお新香
おかわりできますが、さすがにお腹がいっぱい~
DSC06384.jpg



デザート
白玉と九州の小豆を使った葛餅

アイスコーヒーでいただきました
DSC06386.jpg



九州地方は好きなエリアで旅したくてもなかなかいけません
そんな中、佐賀の伊万里の地元の食材を使ったお料理を楽しむことができてよかったです




櫓庵治銀座店
住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座 7F

ジャンル : グルメ
テーマ : ランチ

[ 2017/08/29 17:40 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(10)

オザミトーキョー(丸の内)

3月に東京駅の丸ビル35階のフレンチレストラン
Auxamis Tokyo - オザミトーキョー

こちらは
丸ビルのエレベーターホールからの眺め
目の前は皇居、少し離れたところには東京タワーが眺められます
DSC04189.jpg



オザミトーキョーエントランス
DSC04186.jpg


高層階なので、窓際の席の眺めは良いのですが、2人席のみ
今回のメンバーは、以前働いてた会社のお仲間3人
段差のある上のフロアに案内されました
ここからも眺めが楽しめます
DSC04191.jpg



いくつかコースがあるなかで、頼んだのは2800円のコース



ノルウェー産自家製スモークサーモン
レモンと香草風味
DSC04195.jpg



ズワイガニとじゃがいものピュレにポロネギのクスクス
じゃがいものピュレがくりーみーでおいしかった
そのうえ、トリュフとアーモンドがアクセントになり、贅沢な一品です
DSC04197.jpg


メインはお肉かお魚かを選びます

みんな選んだのはお魚
なんのソースだったかは覚えてませんが、お魚の皮の焼目がぱりぱりしておいしかったです
DSC04200.jpg


デザート
おしゃれにもりつけられたグラスの中にはアイスとチョコ
DSC04202.jpg



女性が久しぶりに集まると話に夢中になりすぎて、説明されたお料理の内容はすっかり忘れてしまいました
お料理はとってもおいしくいただきました
なにより、雰囲気もよく、居心地も良く、遅くまで長居させてもらいました
予約時の対応もとってもよかったです
お食事のコースも当日決めれるのも大きかったです
東京ではたくさんあるレストランの中でお店選びも迷いますが、こちらのお店を選んでよかったです!
しばらくすると満席となり、平日でも、お昼時は予約は必須だと思います
DSC04192_20170524170344ac5.jpg


懐かしい昔話に花が咲き、時が経ったことを感じます
みんな歩んでる道はそれぞれですが、思いもかけない人生の転機ってあるんですよね
決断するには勇気がいるけど、頑張ってる姿はとてもまぶしかったです
私もさらに頑張らなくては刺激をもらいました




次回からバンコク旅行記に入ります
[ 2017/05/24 18:48 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(8)

フィレンツェの香りがするジャッジョーロ銀座

夏に旅行した時においしかったカルボナーラ
本場のカルボナーラに近いお味が楽しめないかと検索したら、
なんと、あのフィレンツェ発祥の世界最古の薬局と言われているサンタ・マリア・ノヴェッラの思想を基にしたリストランテがあると知り、居ても立っても居られずに訪れてきました


ジャッジョーロ銀座


お店は地下なので、ここから階段を降ります
もしくはエレベーターが奥にあります
giaggilo.jpg


入口
仏像が並んで、日本らしさを演出です
giaggilo1.jpg


重厚感のある店内
カウンター席もあります
giaggilo3.jpg


おすすめのグラスの白ワインで乾杯
すっきりした辛口の白ワイン、珍しくフランスから取り寄せたとのこと
ボトルをこのままおいてくれたのはいいけど、思わず手が伸びちゃいそうでした
giaggilo4.jpg



土曜・祝日の一休限定プラン
「ハーブサラダ・選べるパスタ・選べるメイン・デザート」全4品3500円(税・サ別)
giaggilo2.jpg


メニュー

名物の15種類のハーブサラダ
ハーブも強いものをいれてないそうで、野菜不足の現代人にぴったり!
お土産になってるほど人気で、女性のリピーターが多いそうです
また山盛りになったサラダは、バルサミコ酢とお塩とシンプルな味付けですが、本来の味を楽しめ、とってもおいしいです
トッピングは4種類(生ハム、サーモン、アボカド、フルーツトマト)から選べます
一番人気のパルマ産22ヶ月熟成生ハム、おいしくないわけがありません~
サラダは食べやすいように、お箸をサーブしてくれる心遣いもよかったです
giaggilo5.jpg



自家製のフォッカッチャ
アツアツでふわふわしていておいしいです
おかわりもできます
giaggilo6.jpg



3種類から選べるパスタ各60gずつ

シェアしてくれるとのことで、2種類をチョイス

ひとつは
ほうれん草とズワイガニのアーリオオーリオのパスタ
もう一つは、
名物の濃厚こだわり卵のカルボナーラ+500に大盛りにしました
濃厚な卵を使って味わい深いソースが絶品です
ちょっとしょっぱいのが懐かしく、お味はとってもいいです
giaggilo7.jpg


メイン

夫は
伝統的なトスカーナ料理スコッティリア(牛豚鶏肉と野菜の軽い煮込み)
おいしくて食べやすいです
giaggilo8.jpg


私は和豚もち豚の炭火グリル
表面はぱりぱりしていて、お肉はジューシー
シンプルにお塩で、そして、マスタードと醤油のソース、おいしくいただきました
giaggilo9.jpg



デザート

夫はパンナコッタ
giaggilo10.jpg


私は2種類のアイス
器もフィレンツェ生まれのリチャード・ジノリのこだわり
giaggilo11.jpg

ハーブティ
giaggilo12.jpg



小菓子3種
giaggilo13.jpg


化学調味料を一切使わず、体に優しいお料理、おいしくいただきました
フロアースタッフもにこやかで感じがよく、心地良い時間を過ごせました

フロアにはやはり女性客が多く、
帰るときはカウンターまで埋まる満席の大盛況、また訪れたいお店です


ジャッジョーロ銀座
東京都中央区銀座7-10-5 デュープレックス 銀座タワー7/10 B1F

giaggilo_201702071623442ef.jpg giaggiloCCI20170207_0001.jpg





変わる銀座

こちらのお店は、
閉店した松坂屋の近く、現在跡地にGINZA SIX建設中、もうすぐオープンです
ginza.jpg


東急プラザもこんなにおしゃれに生まれ変わりました
ginza1.jpg


また東京都美術館ティツィアーノとヴェネツィア派展開催中です
giaggilo1_20170207162707ddc.jpg

ジャンル : グルメ
テーマ : ランチ

[ 2017/02/07 16:37 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(14)

本場のカルボを求めて「リストランテ フィオレンツァ」

もう少し国内のお話を~
イタリアでパスタを食べてから、本場のもちもちした手打ちのパスタが恋しくて~、
特にローマで食べたカルボナーラは日本でいただくものとは別物、あの味を求めて、さまよい歩いてます


京橋の
「リストランテ フィオレンツァ」

こちらのお店も「ミシュランガイド東京2014・2015」で、ビブグルマンに選ばれたお店です
ビブグルマンとは、5,000円以下でコースや単品料理などの食事が楽しめる、コストパフォーマンスの高いおすすめのレストラン


休日でしたが、予約なしで開店すぐに訪れました

場所は少し大通りから奥まっているものの、
白い漆喰風の建物に木のかわいらしい扉は、トスカーナの香りがしてきそうです
DSC02435_convert_20170115165850.jpg



店内は
シンプルながらも、木のぬくもりが感じられ、おしゃれなリストランテの雰囲気です
カウンター席に並んだワインセラーも目を引きます
DSC02421_convert_20170116194002.jpg



Menù B パスタコース2100円

まずは
グラスの白ワイン470円、ビール700円で乾杯
ワインはお安くて良心的、好みのものを選んでくれました

フォッカッチャ
DSC02422_convert_20170115165733.jpg



お好みの前菜

夫は田舎風パテとピクルス
混じりっ気なしの本物という貫録です
DSC02424_convert_20170115165745.jpg


私は白アスパラのサラダ、ミモザ風
生の白アスパラがしゃきしゃきしておいしかったです~
新鮮だからこそいただける一品です
DSC02426_convert_20170115165758.jpg



お目当てのパスタは
もちろんカルボナーラ
生クリームを使ったカルボナーラはアメリカのレシピが日本に伝わり根付いてますが、本来は生クリームをつかいません
「シンプルを見極めるのがイタリア料理」と忠実に再現されて、濃厚でおいしいカルボナーラでした
DSC02427_convert_20170115165812.jpg
お店の様子にお料理は、こちらの写真はわかりやすいです
ローマともちょっと違うような気がしますが、イタリアの香りがするお味を楽しむことができ大満足です


デザート盛り合わせ
チーズケーキに苺のケーキ、ティラミス、1つは思い出せません~
DSC02433_convert_20170115165827.jpg




スタッフもよく教育されていて、
一生懸命応対してくれてるのが伝わってきました
また訪れたいお店です
それにイタリアに飛びたいーと想いがこみ上げてきます

まだまだこだわりのレストラン探しは続いてます



そして銀座も変わりました

銀座4丁目にオープンしたGINZA PLACE(銀座プレイス)
もとはサッポロのビルでライオンでおなじみですが、透かし彫りの真っ白な建物で銀座の新たなランドマークです
サッポロライオンに日産のショールームにレストランが入ってます
DSC02436_convert_20170115165904.jpg


こちらは銀座三越
DSC02437_convert_20170115165917.jpg
[ 2017/01/16 21:15 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(10)