リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

03年08月2日 北京~故宮

初北京というより初中国です
中国はトイレや反日感情があるのではと不安も多いのですが、歴史や食べ物への期待をふくらませ、旅のはじまりです
ホテルは北京飯店、迎えつきのパックにしたので、空港からホテルまでは安心です
5つ星とはいえ本当はどうなのか心配してましたが、まったく問題ありませんでした
場所もいいので快適に過ごせそうです


早速、天安門広場に行きました
テレビではよく見るこの風景、やはり広く大きかったです
荳ュ蝗ス繧ソ繧、2003+005_convert_20081203214745荳ュ蝗ス繧ソ繧、2003+006_convert_20081203214818

城門に登るので待ってると、何語かわからない言葉で話しかけてきます
きっと同じアジア系でも、いろいろな言葉がありわからないんだと思います
結局は大きなリュックは預けていくようにとのことでした
手荷物預けにしてのぼってみると、天安門広場がよく見渡せました


荷物はそのままに故宮に向かいます
太和殿の前にある青銅獅子像と太和殿内の宝庫
2003+012_convert_20081209201849.jpg2003+028_convert_20081209202122.jpg

保和殿と裏の北側の雲龍階石
2003+020_convert_200812092050242003+022_convert_20081209201951.jpg

乾清宮と宝座
荳ュ蝗ス繧ソ繧、2003+024_convert_200812092056372003+028_convert_20081209202122.jpg

千秋亭
2003+030_convert_20081209202210.jpg

九竜壁
2003+031_convert_20081209202323.jpg
どこも中国の歴史の奥深さと彫刻の素晴らしさ、もっともっとゆっくりじっくり見たいなと思いました


そして天安門広場に荷物を預けてあったので、同じ道を引き返しホテルに帰ることにしました
喉も渇き、マクドナルドがあったので、飲み物を買いに入りました
そうすると、オレンジジュースや英語の1、2が通じません
お店の人は、理解しようとしてくれてるものの、びっくりしました
そして道を聞いいてもさっぱり・・・
中国は英語が通じない・・・と愕然としました

そしてホテルに戻ると、すごい警備も厳しく、人だかりです
どうもイングランドのサッカーチーム、ベッカムが到着するようです
私たちもミーハーで規制が厳しい中、ロビーでベッカムがくるのを待ちました
遠目ながらベッカムとわかり、少し得した気分です
そしてなんと同じホテルなんて

そして、夜は北京ダックと決めていたので、二店舗の中から迷った末、鴨王に行きました
とてもおいしかったです

夜は王府井でぶらぶらしました
デパートもあり、屋台もあり、人もたくさん出てました
2003+041_convert_20081209202611.jpg




ジャンル : 旅行
テーマ : 中国旅行

[ 2008/12/08 20:46 ] 03/08北京 | TB(0) | CM(0)

03年08月3日 万里の長城

ホテルで朝食を済ませ、万里の長城に行きます
タクシーで行こうか、バスで行こうか迷い、昨日の英語が通じない怖さがあったので安いしバスにしました
バスは本数は出ていて次々に出発します
少し懐かしい感じのするバスに乗り、小一時間するとそれらしいものが見えてきました
でもトンネルやら通り、まだまだつきそうもありません
1時間というものの、2時間近くかかりました
降りると、お店が並んでいたり、入り口まで意外に遠かったような気がします
いよいよ入ると、すごい人が・・・
私たちは女坂を行くことにしました
降りてくる人と登る人と、子供もちょろちょろ、すすまないの、なんのその、人の多さにびっくりです
万里convert_20081217105059
途中の展望台までがんばりましたが、帰りも大変そうなので、この辺でUターン

しかし、主人はなぜかこんながけっぷちの怖い場所でハイポーズ!
万里convert_20081217105156
帰りは、あまりのごった返しに、主人の反対をよそにコースターで帰ることにしました
コースター乗り場も混んでいて、乗ってからは早かったのですが、ただ着いた場所がバス停とはほど遠くとんでもないところについたようです
途中パンダがいたり、歩いたほうが無難で早かったようで、主人にほれ見とクレーム発生です
帰りのバスはエアコンも入り、まーまーのバスでした

一度ホテルに戻り、ホテル内で印鑑の注文をしました
翌日にはできるということでした
後日談ですが・・・ゴム製のパッキンですぐによれてしまいました。

そしてチェックしていた、敦煌老馬屋風味牛肉ラーメンを食べに行きました
この味は男性向きというのか、日本のラーメンとは違うので好き嫌いわかれるところです
そして、秀水市場に行きました
レースの敷物など安く、お土産用に何枚か仕入れました

そして、バスで天壇に行きました
不幸なことに2日ほど入場できないらしく残念でした
そして、ぶらぶら紅橋市場に行きました
いろいろなものが売っていて、1階ではティッシュペーパーのカバーを、3階では淡水真珠がたくさん売っていて、お土産用に買いました
目利きができずによくわからなかったのと、もっと値切ればよかったかなと思います

夜は、三哥魚頭に火鍋を食べに行きました
そうすると、今日はここもお休み・・・
隣にも火鍋屋さんがあり、そこに入りました
ここでも英語が通じず、大変苦労しました
まーまーだったかな

そして帰り道、マッサージ屋さんをみつけ、少し痛かったものの、すっきりしてホテルに帰りました




ジャンル : 旅行
テーマ : 中国旅行

[ 2009/02/17 11:03 ] 03/08北京 | TB(0) | CM(0)

03年08月4日 頤和園

朝ごはんはホテルで済ませ、タクシーで頤和園に行きました

想像と違ったゴミゴミの万里の長城を見た後からか、湖と山と建造物の美しい景観に魅了されました
いわえん_convert_20081217105636

徳和園を見て、長廊を通り、排雲殿に行きました
長そうな階段に迷いもありましたが、宝運閣を目指します
排運殿には西太后の肖像画があり、少し歴史にふれた気持ちになりました
いわえん_convert_20081217105515

宝運閣と無梁殿
振り返ると湖が一望でき、登ってきたなと実感します
いわえん」_convert_20081217105452いわえん_convert_20081217105314

下るのはあっという間で、混明湖を眺め、ホテルに戻りました
すごく心に残る場所だったのですが、すっかり記憶も遠のいてしまい、また再度訪れたい場所です
FH0400021_convert_20081217105910.jpg



名残惜しいものの、頤和園をあとにし、
遅くなってしまったお昼を、開封灌湯小籠包子店で食べました
庶民的なお店で、店員さんも手振り身振りで教えてくれました
そして、おみやげ物を物色しに、昨日行った紅橋市場に行き、追加でネックレスとお土産用の爪切りを買いました

一度荷物を置きにホテルに帰り、昨日頼んだ印鑑をもらいました
日本の漢字とは少し違うので実用的ではありませんが、記念にはいいかもしれません
ひとつはゴムだったので、今はよれてしまいました

夜ご飯は、宿泊した北京飯店の中で宮廷料理を食べました
そしてまたまたマッサージに繰り出し、街中をふらふらしました
明日はいよいよ帰国です


8月5日

中国旅行は二度としたくないという人が多いのですが、言葉の不自由さをのぞけば、お手洗いも選んで入ったせいもあり、楽しい旅行でした
少し緊張感があったかな
言葉が通じないのは、オリンピックはどうだったのでしょう・・・
中国は歴史が深く名所も多いので、また行きたいです






ジャンル : 旅行
テーマ : 中国旅行

[ 2009/02/19 20:01 ] 03/08北京 | TB(0) | CM(0)