リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

2015年1月アンコール遺跡群&ホーチミン

2015年1月3日から
アンコールワット&ホーチミンの旅

1日目
ホーチミン経由シェムリアップへ
 念願のアンコールワットへ
 快適だったサエムシェムリアップ
 カンボジアの郷土料理クメール料理のお味は



2日目
アンコールワット&アンコール遺跡群(小回りコース)&アンコールトム一部
 天空の楽園・アンコールワットへ
 アンコールワット・西塔門~経蔵、長い道のり
 アンコールワット~見どころ満載の第一回廊
 アンコールワット~第二回廊で打ち止め!?

 プラサット・クラヴァン~バンテアイ・クディ(小回りコース)
 クメール料理に再チャレンジしたものの・・・・
 密林に眠っていたタ・プローム(小回りコース)
 未完のタ・ケウ~アンコール・ワットの原型トマノン(小回りコース)

 どこまで周れるアンコールトム(アンコールトム一部)

 観光のあとのお楽しみ



3日目
 茜色に染まるアンコールワット

アンコールトム
 穏やかな微笑みのバイヨンへ
 象のテラス~ピミアナカス

ホテルに戻って
 朝食&評判の良いボレイアンコールへ

 王都だったロリュオス遺跡群(プリア・コー、 バコン、ロレイ)

 のんびりシェムリアップ散策


4日目
東部北部~大回りコース(おすすめ)
 プレ・ルーフ、東メボン
 バンテアイ・スレイ
 タ・ソム&ニャックポアン 
 見どころあるプリア・カン 
 アンコール・ワット~いよいよ第三回廊に

シェムリアップ散策&晩御飯
 お土産はやっぱり定番のアンコールクッキーに胡椒
 路上$1マッサージにチャレンジ!

5日目
この日のスタートはゆっくり
 バイヨンでバイヨンでのエレファントライド
 見納めのアンコールワット
遺跡群の観光は以上です

シェムリアップ
 キリングフィールド
 シェムリアップでのお買い物!? (アンコール国立博物館など)
 いろいろな国のお料理があふれるパブストリート

 
6日目移動日

 思い出深いシェムリアップ

カンボジア-シェムリアップからベトナム-ホーチミンへ
 ホーチミン入国~ルネッサンスリバーサイドホテル宿泊
 ホーチミンに行ったらドン・フォーへ!
 ホーチミンならではの風景~
 ホーチミン地下鉄開通に向けての工事風景
 観光客にはなんでもそろうドンコイ通り~


7日目

  キム・タインで名物バインフラン
 ベトナム南北統一40年
 バインミー食べ比べ
 ホーチミンでお買い物
 ドキドキのフットマッサージに晩御飯


8日目

 ホーチミン市博物館へ
 ホーチミンで食べた台湾風かき氷
 最後の晩餐
 15/01月アンコールワット&ホーチミンの旅・最終話

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

アンコールワットと工事中のホーチミンへの旅

ご無沙汰しました


のんびりした観光となりましたが、
一度は見たかったアンコールワットをはじめ、世界最大級の遺跡群をまわってきました
遺跡は、だんだんみんな同じに見えてくる?という、想像通り贅沢な悩みもありますが、その迫力は圧巻で心に焼き付きました


そして、
経由したホーチミンもちょっと楽しんできました


どちらもエネルギッシュで、すごくパワーをもらい新鮮な気分になりました




今回苦労した簡単なポイントだけを報告だけしておきます


まずは

カンボジア

入国にはVISAが必要で、現地で取るか、事前に用意することになります
その前に、全員、健康管理の調査票を入口で書きます

そこからは、入国審査に進むか、VISA取得に進むかになりますが

今回VISAは現地で取得することにしてたので、
現地で取得するには、設置してある用紙でないと不可でした
そのあとは、ガイドブックに書いてあるように、パスポートが返還され、入国審査に進みます

そのほか観光等ではトラブルもなく、
暗い歴史があったことを忘れてしまうほど、観光地化してて、安心して訪れられるところです
P1060660_convert_20150112172053.jpg



次は

ホーチミン


びっくりしたのは、街中は工事だらけ
特に変わってるのは、
排気ガスによる大気汚染や慢性的な渋滞の解消のために地下鉄工事が着工したこと!
すでに、オペラハウスのあたりは道路が封鎖されて工事が始まってました
ご旅行の方は、メインのグエンフエ通りは一部閉鎖されてます

奥に見えるのが閉鎖した国営百貨店(ニュースはこちら)
DSC01320_convert_2015011200032.jpg


建設ラッシュが進み、
そのうちバンコクみたいに変わってしまうのかな・・・と、うれしくもあり、ちょっと寂しいような気もしますが
希望に湧いてるホーチミン、あついものを感じました


バリの旅行記のあとに、詳しい旅行記に突入したいと思います





ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

念願のアンコールワットへ

新年初の旅行は、
ずーっと行きたかったアンコールワット、
冬のヨーロッパは寒いしーーーと
前回のバリ島と続けての東南アジアの旅となりました


1/3①

新年早々、風邪をひいての旅の始まりです

アンコールワットがあるカンボジアのシェリムアップには、
日本からは乗り換えないといけません

以前2011年GWにアンコールワット旅行はキャンセルになったので、
今回は、ゲン担ぎで、同じルート、同じホテルは選びませんっ
またアンコールワットも飽きるといわれながら、ゆったり長めに移動日含め6日間(アンコールワット遺跡群に訪れたのは実質4日間)を取りました
体調不良だったので、ゆったりでちょうどよかったです


今回は、初ベトナム航空で、ホーチミンでの乗り換えです
DSC09969_convert_20150128160018.jpg


ホーチミンでは、

我が家のチケットでは、カウンターでの交換が必要で面倒でした
おまけに、乗り換えのセキュリティチェックは長い行列でした

何よりびっくりしたのは、
空港内は物価が高いのは当たり前ですが、
バーキンも世界共通価格だし、ペットボトルの水が$2
空港内はUS$払いでした
また前回はラウンジを使えたので、物価高というのは盲点でしたーーーー
DSC09971_convert_20150128160057.jpg



乗り継ぎもベトナム航空でシェムリアップ

機内では、入国審査カードのみ配られました
DSC09975_convert_20150128160157.jpg


シェムリアップの空港は、ほのぼのしてます
DSC09978_convert_20150128160232.jpg


いよいよ入国

係員に誘導されて、到着ゲートへ


まずは
機内で配られなかった健康管理表を書いて提出します


そして
VISAは取得してなかったので、VISA発給カウンターへ

 書類は空港備え付けのものでないとだめでした
 列もぐちゃぐちゃ・・・
 アメリカ$30と写真を提出し、列を離れます


しばらくすると

パスポート返却窓口から
名前が呼ばれて、VISAが貼られたパスポートが返還されます


そして入国審査

かれこれ1時間以上かかりました


荷物は、レーンからすでに降ろされてました



そしてゲートを出て、

携帯のsimカード購入
ドライバーとの連絡を取るのに便利です
simロック解除の話はこちら



カンボジアのホテルは、
連絡をしておくと、お迎えが来てくれます
冷えた車に、水が用意されていて、助かりました

車は安全運転

通り過ぎるホテルには、
クリスマスツリーがまだ飾ってあったり、
外灯も少なく、街中はすごく自然が残っていてのんびりしてます

車中では、
ホテルのスタッフの方に、トゥクトゥクの相場など聞いたりしました

旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

快適だったサエムシェムリアップ

1/3②

今回滞在期間が長かったので、二か所に滞在しました
ポイントは、
ミニホテルも多いカンボジアは、お湯が出ない、水はけが悪いなどの口コミが多かったので、水回りが快適そうなところを選びました


最初のホテルは

比較的新しいSaem Siemreap Hotel サエムシェムリアップ
街中からは少し離れてます
P1040007_convert_20150128170030.jpg


ロビーには
季節柄、クリスマスツリーがありました
DSC00032_convert_20150128165909.jpg


お部屋

寝心地が良かったベッド
P1030001_convert_20150128162342.jpg

豪華さはないけど、きれいにお掃除が行き届き、木のぬくもりを感じる気持ちのいいお部屋でした
P1030004_convert_20150128162433.jpg

気になる水回りも問題もなし
DSC09980_convert_20150128162209.jpg

DSC09981_convert_20150128162303.jpg

ウエルカムフルーツ
P1030006_convert_20150128162518.jpg


お部屋からの眺め
DSC00013_convert_20150128162946.jpg

ホテルの客室と1階のプール
暑いカンボジア、プールでくつろぐ方も多いようです
DSC00015_convert_20150128163018.jpg



朝食ビュッフェ
DSC00025_convert_20150128163700.jpg

コールドミール
カンボジアっぽい!?酸っぱい味付けのサラダもありました
DSC00019_convert_20150128163236.jpg

ヌードルスタンドがあります
1日目は薄かったけど、2日目は味付けせずにそのままいただけました
ただ、量がちょっと多い・・・
DSC00026_convert_20150128163845.jpg

エッグステーションもあります
DSC00024_convert_20150128163614.jpg

パンもたくさん種類があります
DSC00018_convert_20150128163143.jpg

スイカ・パパイヤ・ドラゴンフルーツなどの果物に、デザートがいっぱい
DSC00017_convert_20150128163059.jpg


さすが東南アジア、いろいろなジュースが置いてありました
DSC00020_convert_20150128163328.jpg


カンボジア料理の口コミはいろいろ
それなりにお口に合って、なかなか種類もあってよかったです


のんびりした風景の中、お食事です
DSC00021_convert_20150128163432.jpg



こちらのホテルの特典には
空港への送迎
滞在期間中、マッサージ1回分が付きます!


お会計時にトラブルでクレカが使えないといわれ、現金で支払いましたが、そこそこの額になるのであせりましたが、
ほのぼのしていて、よいホテルでした



いよいよ
ナイトマーケットへGO!

ちなみにナイトマーケットへのトゥクトゥクは$2でした

旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ






ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

カンボジアの郷土料理クメール料理のお味は

1/3③
ホテルにはトゥクトゥクが常在しています

宿泊したホテル「サエムシェムリアップ」からナイトマーケットへは$2


カンボジアのトゥクトゥクは、バイクに座席のボックスがくっついていて、バンコクの一体化した車体とは違います
外灯の少ない街中を、砂埃をたてながら、走ります
バンコクと比べ、安全運転
でもマスクはあったほうがよいです
DSC00003_convert_20150128172915.jpg

そして
ここで出会ったドライバーに誘われて、明日のアンコールワットとアンコール遺跡群の観光をお願いすることになりました



初めてのお買い物

カンボジアはアメリカドルが流通していて、アメリカドルで支払います
また$1以下のお釣りはカンボジアの通貨となります
支払いは、ドルとカンボジアの通貨は併用で使えます


毎日通うこととなる
旧市街のマーケットが並ぶパブストリート

ネオンが光り、アジアの香りがたっぷり~
たくさんの人が思い思いに過ごし、国際色豊かです
DSC00008_convert_20150321201635.jpg


いろいろなお国のレストランにカフェが並び、
ガイドブック等で見たお店の名前が並んでます
人もいっぱいいますが、不思議なことに、緊張感ゼロで解放感たっぷりですーーー
DSC00001_convert_20150128172711.jpg



評判が良い
カンボジアの郷土料理クメール料理のクメールキッチン
DSC09998_convert_20150128193838.jpg

お値段もお安いせいか、お夕飯の時間帯と重なり、ちょっと並びました


とりあえず

まんまのネーミングのアンコールビール$3
口コミはいろいろありましたが、ちょっと薄いけど問題ないです
DSC09992_convert_20150128193612.jpg


春巻き$2.5
よくあるお味
DSC09988_convert_20150128193531.jpg


カレーを二品

白身魚のアモック$4
DSC09994_convert_20150128193648.jpg

お野菜のクメールカレー$4
DSC09996_convert_20150128193738.jpg

微妙なスパイスが違うのかお味は違うけど・・・・
ココナッツの味がしてすごくまろやかで、まったくスパイシーさがなく、一味足りずに、辛いものが苦手な方にはよいのかもしれません
ココナッツは好きだけど、初のクメール料理の感想は、何かピンとこず、物足りない感じ



活気あるマーケットをぶらぶらしました

胡椒などのお土産物やさんなどが並ぶオールドマーケット
しつこい勧誘はなく、のんびりしてます
DSC00002_convert_20150128172805.jpg


やっぱりアジアといえばマッサージ!これは必須!?

噂の$1マッサージがこの日は見つからず、オールドマーケットの川沿いにある
「MADAM1KHMER MASSAGE」に入りました
(写真は後日撮ったもの)
DSC01193_convert_20150128214114.jpg

フットマッサージ1時間$6
エアコンが効いていて寒いけど、真面目で上手でよかったです


アジアの香りを楽しみ、トゥクトゥクでホテルまで戻りました
旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ






ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記