リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

知らなすぎる黒部ダム

11月1日から、信州方面に2泊3日で行ってきました
後半は雨マークもついていたので、前倒しで動きます

朝、家を出たのは4時半ごろだったか・・・
中央道の道中、紅葉していてとてもきれいでした



今回のメインは

トリップアドバイザーで行ってよかった観光スポットNO1に輝いた黒部ダム

私は黒部渓谷でトロッコに乗るつもりが、
意外に遠いので、今回はダムのみです


富山から入るルートと長野から入るルートがありますが、
長野県側から入ります

大山温泉を過ぎてから、ダムへ向かう道は木々に囲まれてとてもきれい
道中、電線には数匹のお猿さんが降りて綱渡りしてました
DSC07823_convert_20131118223721s.jpg




手前の駐車場は無料、ダム入口に一番近い駐車場は有料です
PB010003_convert_20131129161721s.jpg



入口には竣工50周年を祝う垂れ幕もかかり、半世紀の歴史の重みを感じます
現在は、季節はずれなのでイベントは終わってます

きっぷ売り場で、
どこまで行くのがいいのか尋ねても、そっけないお返事で・・・・
PB010001_convert_20131129161645s.jpg


調べて来た4~5時間かかるコースの室堂まで買いました
意外に高い黒部ダムの乗り物
11月は雪の大谷ウォークとの狭間で、時期的にオフらしく、乗り物はインターネットの割引券を提示して20%off一人往復8800円が7050円で利用できました
(黒部は雪景色に変わりつつあり、乗り物は11月までの運行ですが、すでに運行してない区間もでてます)
黒部ダム1



AM9:00
30分ごとに発車してるトロリーバスの乗車口

並んでる方の半分は中国語
マナーも悪くないので台湾の方かも!?遠方から見えるのですね
PB010005_convert_20131119235309s.jpg


待ち時間には面白い車掌さんの話が聞けるとの話ですが、特段なく
時間になると、数台並んでるトロリーバスに順番に乗り込みます
トロリーバスは、パンダグラフから電力を取り入れたバス
正式には無軌条電車といい、電車の仲間
乗車時間は扇沢から黒部ダムまで16分
長いトンネルを走ります
PB010012_convert_20131120161932s.jpg


また、往路と復路のすれ違いがあるため、バスが停車して待つこともあります
DSC07833_convert_20131120165348s.jpg DSC07839_convert_20131120165417s.jpg


トロリーバスの「黒部ダム駅」到着
PB010018_convert_2013112016125s.jpg



ダムに行くには
連絡通路から直接ダムえん堤に出るルート
階段を登り展望台に出てから野外階段を下りてえん堤に出るルートがあります

マグネットがもらえるスタンプラリーをこなしながら、
展望台めざし、220段の階段を上りますが、かなりきつい・・・
DSC07843_convert_20131120161540.jpg

途中

喫茶室のある休憩所からの眺めもきれい~
DSC07848_convert_20131120165511s.jpg DSC07846_convert_20131120165714s.jpg


そして

ダム展望台に到着
DSC07864_convert_20131120170131s.jpg

大きなダムが一望できます
PB010021_convert_20131120162257s.jpg


また黒部は自然あふれ、白い雪が積もった立山連峰の山々に、枯れ気味ですが山々の木々がとてもきれい
PB010049_convert_20131120163630s.jpg


撮影スポットがある展望台
DSC07854_convert_20131125154604s.jpg



外階段を降りていくと、
DSC07875_convert_20131121160227s.jpg


黒部ダムの建設工事で、実際にコンクリート原料が運ばれたコンクリートバケット
これほど巨大なバケットは珍しいそうです
PB010040_convert_20131120160904s.jpg


中間の展望台からは、ダムが近づいてくるよう~
DSC07879_convert_20131120170434s.jpg


さらに下に下っていくと
DSC07907_convert_20131120170851s.jpg



新展望広場
放水を見れないのは残念ですが、渇水の底を見れるのは貴重かも!?
PB010045_convert_20131120163037s.jpg


ダムを見上げられ、放水時期には迫力があることでしょう
PB010046_convert_20131120163413s.jpg



黒部ダムは、
富山県中新川郡立山町、黒部川水系黒部川に建設されたダム
また黒四ダム(くろよんダム)と呼ばれてます

ここはダムに貯えられた水を利用している発電するところ
関電の黒部ルート見学会も開催されてますが、事前に申し込みが必要です

昭和31年から始まったダム建設は、513億の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、7年の歳月を経て完成
この建設は歴史に残る世紀の大事業として語り継がれ、破砕帯という言葉を広く知らしめ、171名の方が殉職した難工事
石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」でも有名です


殉職者慰霊碑
PB010057_convert_20131120164232s.jpg


今から50年以上も前に、こんな標高の高いところに、こんな大きなダムを造ったものだと感心します
今まで見たダムとは大違い


さきほどいた展望台も見上げるよう
PB010056_convert_20131120164141s.jpg

資料館も充実していて、黒部ダムの歴史を紹介しています
並々ならぬ作業に、知れば知るほど日本技術の集結に奥深いとは思っていなかったです
DSC07910_convert_20131120171052s.jpg DSC07911_convert_20131120171134s.jpg


青い水がきれいな黒部湖
PB010054_convert_20131120164026s.jpg

ここがいわゆるよく見るえん堤
PB010058_convert_20131120164314s.jpg




まだまだ続きます




ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

自然あふれる黒部平~大観峰

1日目②

スタンプラリーの黒部湖遊覧船ガルベ駅は後回しにして、
先に上を目指します



黒部湖駅

待ち時間には、車掌さんから
室堂での散策の話と雷鳥の話に、ロープウエイの話が聞けました



ここからは全線地下式の黒部ケーブルカー
PB010070_convert_20131121160527s.jpg


乗り物はわくわくします
しかし、このケーブルカーは乗車した全員が座れません
座席はとても狭いです
黒部平まで5分
DSC07919_convert_20131121160613.jpg



黒部平駅到着

まずは外で写真撮影
DSC08054_convert_20131126195010.jpg

東西を立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒部平
きれいな山々に囲まれ、新鮮なお水も味わえます
DSC07932_convert_20131126200218s.jpg



きれいな大観峰
PB010075_convert_20131121161107s.jpg


大観峰へ登っていくケーブルカーが見えます
DSC07928_convert_20131126195523s.jpg




黒部平駅から大観峰へ

こちらも黒部の名物
景観保護のため支柱が1本もないワンスパン式の日本一長い立山ロープウエイ
PB010138_convert_20131126204244s.jpg


ここを登るのはどれだけ大変だっただろう・・・とか
どうやってロープウエイを作ったんだろう?とか、
ダム建設がなければ開拓されたのかな?とかいろいろなことが頭をよぎります
(車内からの眺め)
PB010079_convert_20131121161443s.jpg



最後は崖にぶつかりそうと思うようなところをすり抜けて


大観峰到着


階段を上って展望台へ
DSC07956_convert_20131121162658.jpg




黒部湖や後立山の大パノラマは、アルペンルート屈指の美しさです
PB010082_convert_20131121161553s.jpg

さきほどいた黒部ダムの展望台も見えます
PB010086_convert_20131121162050s.jpg



やっぱりお山価格の売店
運搬も大変なことでしょう
DSC07959_convert_20131126201250s.jpg


まだまだ上にあがります





ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

雪景色が美しい立山

1日目③

大観峰駅から
DSC07961_convert_20131121162927s.jpg


立山トンネルトロリーバス
座席はここも昭和使用!?だからか狭いです
PB010088_convert_2013112620451.jpg DSC07964_convert_2013112622555.jpg



室堂駅到着~


山の上のお食事は高そうだけど・・・・

ホテル立山のレストランでお休みかねてお昼ご飯です
PB010091_convert_20131126230805s.jpg

店内とメニュー
DSC07970_convert_20131126230326.jpg DSC07971_convert_20131126230356.jpg



私は
白海老から揚げ丼定食

外山さん名産「白海老」を一尾ずつサクサクにあげ、とろろ昆布をまぶしてあります
白エビ用のたれをかけていただきます
醤油味の天丼とは一味違い、ほんのりあまいです

それなりに海老のお味もして、お山の上なのに想像よりおいしい
ちょっとお高めなのは仕方ないかも

さらさら汁とおしんことサラダ
DSC07972_convert_20131126230613.jpg
みなさん、この定食を食べてる方が多いです



夫は
氷見牛しぐれ煮重定食

こちらも、想像してたよりおいしい
ぼったくり価格でなくて一安心です
DSC07975_convert_20131126230658.jpg





外に出ると、

ここか~と思わず言葉が出たガイドブックに出てくる立山ホテル
先ほど食事もしたところです
DSC07982_convert_20131127161500.jpg



山のお天気は~というけど、きれいな秋晴れ
雪がたくさん残っています


立山の目印
撮影ポイントでとても混んでます
とてもきれい
PB010096_convert_20131126231215s.jpg


立山は、雄山・大汝山・富士ノ折立の立山三山
また剱岳とならび、日本では数少ない、現存する氷河を有する山
DSC07985_convert_20131128150547.jpg



雪で足元は悪いけど、室堂一周ハイキングコースの始まりです
室堂map


まずは

みどりが池
PB010099_convert_20131128152315s.jpg

小さいけど絵になるりんどう湖
PB010111_convert_20131127163156s.jpg

エンマ台からみた煙がもくもく上がってる地獄谷
PB010117_convert_20131127162845.jpg


火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっているため、通行止めになっています
DSC08013_convert_20131128153507.jpg DSC08019_convert_20131127163512.jpg


この先には立山室堂周辺で唯一の登山者向けキャンプ場「雷鳥沢」があります
この辺りでは雷鳥の目撃証言が多いそうで・・・
雷鳥は、特別天然記念物に指定され、
夏は褐色、冬は純白の羽をまとう雷鳥は、高地に一年中住んでいる唯一の鳥
先ほどの車掌さんの説明では、見れたらラッキーと言われました
いつか見てみたい~



そして
北アルプスで最も美しい火山湖といわれる「みくりが池
周囲約630メートル、水深約15メートルの青く澄んだ湖
湖面には、山々の雄姿が映し出され、とてもきれい
PB010122_convert_20131127162656s.jpg

少し歩いて角度を変えると絶景が~
まるでカナダのよう!
PB010131_convert_20131127162126s.jpg


山をあるくには整備された石畳で歩きやすいです
DSC08024_convert_20131128162005.jpg


PB010134_convert_20131127161850s.jpg

山奥にはガスが届いてないようで・・・・
アップダウンの坂道を運んでました
PB010135_convert_20131127161821s.jpg


季節の良い時期に、雷鳥探しに、散策したら気持ちよさそう
足元は悪かったけど、きれいな雪景色を楽しむことができ、室堂まで来てよかったです



こちらは、

富山方面の美女平行の立山高原バス
雪の大谷ウォークが開催されるところ
いつか来てみたい~!
PB010092_convert_20131126230929s.jpg


まだまだ続きます




ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

美しい黒部湖

1日目④

室堂駅から、往路の道を引き返します

電車の時間をチェックしつつ、黒部湖まで戻ってきました


青い水のきれいな黒部湖

ここを遊覧するガルベ乗り場が、最後のスタンプの押印場所
PB010149_convert_20131129133024s.jpg


スタンプは黒部ダムに集中していて、資料館などを周るように設定されてます
苦労のたまもの、マグネット2つGETできました~!
でも「見つけてポン」スタンプラリーをしてる人は、一組ほどでした
DSC08390_convert_20131129154217.jpg


このカンパの吊り橋を渡ると

原生林の中を散策できる遊歩道が整備され、トレッキングができます
PB010146_convert_20131129130151.jpg


ここからの黒部湖の眺めも最高です
PB010145_convert_20131129104817.jpg

壁のようにそそりたつ展望台も見えます
PB010143_convert_20131129104712s.jpg

黒部ダムのえん堤からの黒部湖の眺め
雄大で穏やかです
PB010064_convert_20131120164448s.jpg

今回ここが一番標高が高かったわけではないのに、
黒部湖の吹きさらしにあったためか、とても寒かったです



この黒部湖駅のトンネルを抜けてトローリーバス乗り場へ
DSC07896_convert_20131121160405s.jpg


PM2:40

帰りのトローリーバスは、最終バスの時間も早いので、すでに行列が出来てました
到着の時間帯によるのでしょうが、黒部ダムしか訪れない方も多いようです

黒部ダムは、ダイナミックな姿と景観の美しさ、素晴らしかったです
ダムの考え方を一新させます
ぜひ、ダムだけでなく立山方面も訪れてほしいところです
我が家は乗り物を楽しみながら自然を楽しみましたが、余力のある方は山登りもぜひ~




ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

評判の良い織花

1日目⑤

本日のお宿は黒部ダムをくだって来たところにある大町温泉
新しい温泉街とあって、広々として、ロケーションも便利です
DSC08104_convert_20131129133945.jpg

本日お世話になるお宿織花
PB020171_convert_20131129134100.jpg

PB020170_convert_20131129134151.jpg


今回は何と特別価格で泊まりました


ロビー
PB010158_convert_20131129134531.jpg

廊下
PB010157_convert_20131129134442.jpg



客室

8畳の畳部屋
PB010156_convert_20131129134419.jpg


お部屋からの眺めは1階なので、旅館らしい和テイストなお庭
DSC08087_convert_20131129222647.jpg


温泉は

リンゴ風呂と露天風呂と檜の内風呂の3種類があります
朝は懐かしい牛乳瓶がありました
久しぶりの牛乳瓶はおいしい


貸切露天風呂もあり

有料2100円で、到着順で予約制
宿泊者には割引制度もあり、半額で入れましたが、
洗い場がなく、こじんまりしていて、別料金で入るまでもなかったです






お食事

地元のサーモンのお刺身
おねぎと一緒にいただきます

こちらのお皿はさっぱり覚えてませんが・・・
サヨリのごぼう巻き?栗、鶏とクルミの??

ゴマ豆腐

キノコ鍋
たっぷりのお魚が入っていて、かなりおなかがいっぱい
DSC08092_convert_20131129134636.jpg

岩魚の焼き物
頭から食べれるそうですが、頭以外は全部いただきました

おしんこ

栗おこわにお吸い物


名物のりんごのグラタン

DSC08094_convert_20131129134722.jpg

リンゴのゼリー
DSC08095_convert_20131129134743.jpg


栗おこわはおかわりする予定が・・・
リンゴグラタンでおなか一杯になりました

コース的にはお肉がない設定ですが、十二分です
おいしくいただきました



旅行2日目

朝ごはんは大広間でいただきます
DSC08098_convert_20131202153559s.jpg



もやしのお浸し
刺身こんにゃく

おしんこ

茶碗蒸し
揚げ出し豆腐

のり
ご飯
お味噌汁

DSC08097_convert_20131129133807.jpg

朝ごはんもたくさんの種類があり、お腹いっぱい、おいしくいただきました



今回は冒険で特別価格で利用させてもらいましたが、
仲居さんの応対もとても気持ちよく、利用させていただきました
口コミはこちら





ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行