リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

バンコクへ

2017年3月、2泊4日のバンコク旅行記の始まりです

今回はJTB格安バンコク旅行約5万3000円

タイ航空直行便で、空港使用料混みで、通常のタイ航空のチケット代よりお安い
ホテルもグレードも☆5つのソフィテル・バンコクス・スクンビット(レイトチェックアウト付き)
これはお得!
デメリットは、便が指定できないこと、座席が指定できないことですが、
フリーなのは我が家にとってはありがたい!、ホテルのバウチャーもありませんでしたが、そこは安心のJTBでした


1日目①

出発は
タイ航空643便11:45

いつもは7時間弱で到着するのに、この日は7時間半もかかりました

機内食のカレー
意外においしいタイカレー、でもバンコクではグルメが楽しみなので食べすぎ注意です
DSC03756.jpg


夕食?は温かいピッツァも配られました





スワンナプーム国際空港到着~


両替
到着が遅れたので、両替をしましたが、やはりレートはよくなかったです
アジアは、日本で両替するよりも現地で両替するのがおすすめです



プリペイド SIMカード7日間
前回バンコクで買ったSIMカード、
有効期限内だったので、スマホにさすだけで開通しました
そして、
日本でアマゾンで買ったSIMカード(写真右)
パッケージは中国語も混ざってるけど、さすだけで使えて便利です!初期の速度の安定性はこちらのほうがよかったです
お値段は日本で買ってもバンコクで買っても1000円ほどです
DSC06269.jpg




タクシーでホテルに
日本語の発音とタイ語の発音と違って通じないホテルもありますが、スクンビットのソフィテルは知ってるドライバーが多くて、すぐに通じました
DSC03757_20170525200029f97.jpg


のっぽのホテルのバイヨークが見えてきました
DSC03759.jpg


渋滞してたので、高速代も入れるとTHB360(1100円)ほどかかりました

ホテルに到着です~
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/05/25 20:30 ] 17/03バンコク⑬ | TB(0) | CM(10)

オザミトーキョー(丸の内)

3月に東京駅の丸ビル35階のフレンチレストラン
Auxamis Tokyo - オザミトーキョー

こちらは
丸ビルのエレベーターホールからの眺め
目の前は皇居、少し離れたところには東京タワーが眺められます
DSC04189.jpg



オザミトーキョーエントランス
DSC04186.jpg


高層階なので、窓際の席の眺めは良いのですが、2人席のみ
今回のメンバーは、以前働いてた会社のお仲間3人
段差のある上のフロアに案内されました
ここからも眺めが楽しめます
DSC04191.jpg



いくつかコースがあるなかで、頼んだのは2800円のコース



ノルウェー産自家製スモークサーモン
レモンと香草風味
DSC04195.jpg



ズワイガニとじゃがいものピュレにポロネギのクスクス
じゃがいものピュレがくりーみーでおいしかった
そのうえ、トリュフとアーモンドがアクセントになり、贅沢な一品です
DSC04197.jpg


メインはお肉かお魚かを選びます

みんな選んだのはお魚
なんのソースだったかは覚えてませんが、お魚の皮の焼目がぱりぱりしておいしかったです
DSC04200.jpg


デザート
おしゃれにもりつけられたグラスの中にはアイスとチョコ
DSC04202.jpg



女性が久しぶりに集まると話に夢中になりすぎて、説明されたお料理の内容はすっかり忘れてしまいました
お料理はとってもおいしくいただきました
なにより、雰囲気もよく、居心地も良く、遅くまで長居させてもらいました
予約時の対応もとってもよかったです
お食事のコースも当日決めれるのも大きかったです
東京ではたくさんあるレストランの中でお店選びも迷いますが、こちらのお店を選んでよかったです!
しばらくすると満席となり、平日でも、お昼時は予約は必須だと思います
DSC04192_20170524170344ac5.jpg


懐かしい昔話に花が咲き、時が経ったことを感じます
みんな歩んでる道はそれぞれですが、思いもかけない人生の転機ってあるんですよね
決断するには勇気がいるけど、頑張ってる姿はとてもまぶしかったです
私もさらに頑張らなくては刺激をもらいました




次回からバンコク旅行記に入ります
関連記事
[ 2017/05/24 18:48 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(7)

アンコール遺跡群&香港の最終話

アンコール遺跡の旅から香港に立ち寄ったお話で、今回最後です


5日目⑤

香港の空港まで戻ってきたら、

深夜便なので、ここで夕食を済ませます
香港はハブ空港だけあって、レストランも豊富ですが、大きすぎて勝手がわかりません

目に留まった
到着ゲートの翡翠拉麺小籠包と何洪記粥麺専家
どちらも有名店
翡翠拉麺小籠包はとっても混んでたので、お隣の何洪記
DSC03626.jpg



店員さんが注文を取りに来たのですが、
高いし、お腹も減ってなかったので、2品しか頼まなかったら、すごく怪訝そうな顔をされてしまいました・・・・
DSC03625.jpg


海老入りワンタンメンHK$56(840円)
麺の下に、エビ入りのワンタンが隠れてます
あっさりしたスープで細麵、そしてぷりぷりの海老ワンタンがおいしいです
夫は、初日に食べた池記よりも好み
DSC03624.jpg



エビ餃子HK$45(675円)
DSC03627.jpg


お茶HK$10

〆てHK$122.1(1840円)

おいしかったけど、やっぱり市内に比べるとお高い
それに、食べ終わると、すぐにお皿を下げて、4人掛けだったため空いてる席に、ほかのお客さんを案内してきたのにはびっくり
回転はいいのだろうけど、サービス料10%は取られるし、最後の余韻に浸れなかったのは残念でした



帰りの飛行機は
キャセイパシフィック航空
先ほどシェムリアップからの飛行機で一緒だった方もいて、同じような行動パターンにうれしくなりました〜
座席は満席で、ほとんど寝っぱなしで日本到着となりました
日本はお正月だったので、寒くて寒くて凍えそうでした






二度目のアンコール遺跡群の旅

前回は体調不良で不完全燃焼気味でしたが、今回は要領も得たことで、アンコールトムを制したこと、ガイドブックに載ってなかった遺跡タネイ、などなど、じっくり楽しんできました
ださすがに2回目となれば違いも判り、どれも似てるようだけど非なる遺跡で、それぞれ魅力があります
しかし規模も大きく、日差しがよけられず暑いので、すべてを制覇しようとせずに、適当に休みながら観光するのがおすすめです
遺跡の修復も進んだものもあったり、遠出してみてまだまだ手つかずのものもたくさん〜、栄華の時代を築いたその王朝の規模の大きさに驚きます
また密林の中にあるだけに、自然との共存も課題でもあり、とても神秘的な光景に出会えます
そして施された華やかなレリーフ群は素晴らしく、好きなレリーフを探すのも楽しみの一つです
P1060470_201705221157284a3.jpg

また、

ここ2年でのシェムリアップの街の目覚ましい発展にはびっくりです
レストランやホテルの新規オープン、また緑にあふれリゾート地としての魅力も備えたシェムリアップの街、遺跡観光とともに楽しみたいところです
多くの人をこれからも魅了し続けることは間違いないです
DSC03313_20170522120723b36.jpg



そして香港

久しぶりの香港、短い滞在だったのでよくわからなかったけど、すごい変わりました
何より安心感があるのは大きいけど、中国人パワーがさく裂し、英語も以前より通じなくなった気もします
今回は再訪するかの決め手となるプチ香港滞在でしたが、おいしいものがあるのは再認識できました
香港にはまるにはまだまだ修行が必要です
P1080838.jpg


二回目の往訪だったので、軽く終わらせるつもりでしたが、長々お付き合いありがとうございました

国内の話を挟んで、3月のバンコク旅行記、5月の桂林旅行記と続きます


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

香港の夜景

アンコール遺跡の旅から香港に立ち寄ったときのお話です


5日目④

香港の乗り物といえば、2階建てのトラム
観光しながら移動できるし、何より香港に来たという雰囲気が味わえます!

ヨーロッパの一流ブランドが並ぶショッピングセンターがある金鐘
DSC03569.jpg


路線が6種類あり、
戸惑ってると、すごい勢いに圧倒されて、二台ほど見送りました
P1080837.jpg


しかし、待った甲斐あって、二階の一番前の席を確保〜!
最近横転してニュースになってたけど、運転は結構荒かったです
DSC03564.jpg


高い高層ビル群を走り
DSC03581.jpg


一段とイルミネーションがにぎやかになってきたら終点「銅鑼灣」
P1080840.jpg


香港でもにぎわう繁華街
短い滞在ではよくわからなかったけど、ガイドブックによると渋谷のような感じ?
DSC03588.jpg


調べてきた入りたいお店があっても、お腹がいっぱいすぎて・・・
さすがの夫も私も断念
DSC03589.jpg


それでも食べる情熱は持っていて〜、

目指したのは秦昌餅家のエッグタルト
DSC03593.jpg

ちょっと高めの、一つ170円
濃厚なエッグタルト、おいしくいただきました
DSC03594.jpg


ここでミッドレベルエスカレーター、高低差135m、全長800mを合計23基のエスカレーターで世界一!というのに乗ってしまい・・・・、上っても上っても延々に続くエスカレーター
どう見ても、乗ってる人は住人っぽい人ばかり
調べてみると、終点は高級マンションでした
いやな予感を察して途中で引き返したものの・・・・、上りはエスカレーターがあるけど、下りは階段という鬼のような造り、終点まで行かなくてよかったーと実感です
写真を撮ってないのが悔やまれます・・・・



そして


香港といえば夜景

ビクトリアピークは時間と心に余裕がないので、
やってきたのは、中環のスターフェリーピアの東側広場
こちらも香港を一望できる場所としても人気のあるところ


歩道橋を歩いていくと
現れたのは大きな観覧車「香港摩天輪」
P1080855.jpg


ここからの眺めは抜群
今いる香港島の林立する中環のビル群
P1080844.jpg


ちょっと華がないから、こっちのアングルのほうがきれい
P1080849.jpg



埠頭に向かい、

夜景クルーズができるアクアルナ
赤い旗がレトロで素敵
DSC03618.jpg


あちらに見えるのは、対岸の九龍半島
100万ドルの夜景を見るには、ビクトリアピークが一番みたいです
P1080858.jpg


謹賀新年でお祝い
そういえば新年の時で、日本は寒かったんですよね
P1080852.jpg


一応香港らしいものは見たので、いよいよ帰路につきます


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

彌敦道〜旺角を散策(香港)

アンコール遺跡の旅から香港に立ち寄ったときのお話です


5日目③


やっぱり香港といえば、ネイザンロード
看板のある通りから繁華街をぶらぶら歩きます


看板も増えてきました
こんなだったかな~
DSC03535.jpg


こちらは写真で看板がきれてますが、香港のアメ横丁
中国っぽい食べ物屋さんが並んでます
DSC03539.jpg



古くからのホテルやマンションが並ぶ大通り
DSC03544.jpg


こんな感じだったかな~と、記憶を紐解きます
DSC03545.jpg


そして奥の建物には、竹の足場が組まれてます
地震がないからできるというけど、今の時代も竹を使ってるなんてびっくりです
DSC03542.jpg



と思ったら、

近代的なビルが並ぶエリア
多くの若者たちでエネルギッシュ!
DSC03546.jpg

H&Mもすごいおしゃれ!
DSC03547.jpg



私は近代的なエリアは興味はなく、

やっぱりアジアといえば屋台でしょということで、こちらは女人街
DSC03552.jpg


衣料品から雑貨が所狭しと並んでます
DSC03548.jpg


日本のキャラクターもいっぱい
DSC03549.jpg


屋台を抜けると〜

足つぼマッサージの看板もいっぱい〜、人もいっぱい〜
DSC03551.jpg




そして

お休みの日ということもあり、すごい人です
DSC03553.jpg



民主活動をしてる人たち
DSC03554.jpg


無関心なのか、誰も新聞を取りません〜
夫は興味津々、「漢字だからなんとなくわかる」と、私の「いらないよね~」の心の声をよそに、しっかりもらってました(笑)
DSC03644.jpg



ここは中国なのだけど・・・・
イギリスの香りがした香港というより、
中国の波が押し寄せて、こんなに街並みが変わってしまってびっくりしました
歩いたところが悪かったのかな・・・・あくまでも個人的感想です
DSC03555.jpg


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行