リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

新しくなったチケットセンター、アンコールトム①

2日目②

朝8時

子供たちもちょうど登校の時間!
やけに大きな自転車なのは気のせい~!?、無邪気で元気です
DSC02859.jpg



今日はアンコール遺跡群(小回り)を周遊

サンセットまで付き合ってもらって、トゥクトゥク一日チャーター$15
時間でなく距離制で料金は決まります
ペットボトルの水を用意してくれてました
あるとないのとでは大違い、とても助かります
まだまだ、カンボジアの人たちのお給料ってまだまだお安いんですよね
P1050086.jpg





まずはチケットセンター

場所も変わり、大きなきれいな施設に生まれ変わりました
値上げ前に徐々に変わりつつあった1月の訪問でした
P1050091.jpg



売り場には、すでにたくさんの人が並んでいてびっくり!
窓口もたくさんあるので、それなりに流れます
P1010155.jpg



チケットは3種類
1日券$20・3日券$40・1週間$60のチケット(2017年1月)
2017年2月より、3日券が$62と大幅値上げになりました

3日券のチケットを購入
購入してから一週間以内に3日間入場できるチケット、ほとんどの人がこちらを購入すると思います
料金を支払って、写真を撮って、数分したら出来上がり~
遺跡内の道路のポイントや、遺跡に入場する際に、チケットチェックがあります!
CCI20170213.jpg



以前のチケットセンターは、チケットチェックゲートに変わってました
P1050092.jpg



アンコールワットを囲むお濠
P1070680.jpg



アンコールワットの目の前の道路は閉鎖され、大回りします
P1060908.jpg


アンコールワットが見え隠れ、アンコールトムを目指します
P1070831.jpg



アンコールワットは、
 アンコール遺跡を代表するヒンズー教寺院
アンコールトムは、
 アンコールワットから半世紀後に造られた一辺3kmの堀で囲まれた城砦都市遺跡
map.jpg



5つの門に囲まれ、その一つの南大門に到着です

大きな象さんのお尻~、ちょっとかわいいので載せちゃいました
P1050096.jpg


バイヨンの辺りは、エレファントライドも人気です
前回は乗ったエレファントライド、ゆらゆら揺れて景色を高いところから別角度で眺められるのは楽しかったです
でも、象さんの上は意外に揺れるもので、象さんが歩いてるのを見てるだけでも楽しいです
ちょっとしたアイドルです!
P1050108.jpg



南台門の欄干には
左側には神々の像
P1050109.jpg


右側には乳海攪拌をモチーフにしたナーガ
P1010172.jpg


柔和な蓮の王冠をつけたの観世音菩薩さま~
P1050115.jpg




次はアンコールトム中心のバイヨンです


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目朝食~アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

サライ リゾート&スパの朝食

2日目①

宿泊してるSarai Resort & Spa(サライ リゾート&スパ)での朝食


こちらがレストラン
sarai14.jpg



陽が差し込んで明るい店内
DSC02849.jpg


陽気がよければテラス席もGOOD
DSC02856.jpg



朝食はアラカルト


メインの前にフルーツ盛り合わせ(ドラゴンフルーツ・パパイヤ)とヨーグルト
DSC02850.jpg


おいしかったパン
DSC02847.jpg


メイン
ウエスタンとクメール料理から選びます
・ウエスタンはスクランブルエッグ、目玉焼き、エッグベネディクトなど定番メニュー
・クメール料理は焼きそば、フォー(ベトナムのラーメン)など
お昼は食べれないかもしれないし、クメール料理はちょっと冒険!?


夫が頼んだクメール料理の焼きそば
想像以上においしい
前回はクメール料理は???で終わりましたが、ちゃんとしたところで食べればおいしいのかな?と考えを改め直します
DSC02853.jpg


まだクメール料理を疑ってる私は、無難にフレンチトースト
おしゃれな盛り付けにびっくり!お供はバナナを焼いたもの
DSC02852.jpg



翌日の朝食のメインは

夫はウエイターが急がすので・・・・ウエスタンでオムレツ
DSC03254.jpg


私はやっぱりウエスタンで、エッグベネディクト
結構ボリューミーでしたが、おいしくいただきました
DSC03252.jpg



おしゃれな館内

エレベーターホール
sarai24.jpg


通路もモロッコ風?
sarai31.jpg



お部屋から眺めた朝日
DSC03260.jpg


今回は断念したアンコールワットの朝日、
このうすどんよりしたお天気からの朝日で大満足です
DSC03261.jpg


お食事もアラカルトでおいしいし、ホテルの雰囲気と言い優雅な感じです



2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目朝食~アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

安い~夜ご飯

1日目⑦

夜ご飯に出かけます


宿泊してるSarai Resort & Spa(サライ リゾート&スパ)は
マーケットからは離れてますが、周辺はのんびりしたところです
sarai_20170213164047366.jpg


少し歩くと、地元の人向けの市場
haven11_20170213164406902.jpg


旅してると、人々の生活ぶりがうかがえる市場も楽しいです
haven4.jpg


お魚の干物も作ってます
haven5.jpg


アジアでは炎天下に、お肉が並んでるのがいつも気になります
私も免疫はあるほうだけど、さすがに手出し無用です
haven3.jpg


わんこ
dog.jpg



夜ご飯は

ホテルから歩けるKhmer Grill Restaurant
DSC02842.jpg



トリップアドバイザーでも上位で評判が良く、メニューを見ると、お安いので人気のよう
夕飯時には、もうすでに何組か並んでます


アンコールビール(缶)で乾杯~$1*3
DSC02838.jpg

spicy fried pork with rice肉野菜炒め$5
味付けも無難
DSC02839.jpg

khmer grill(steak)ステーキ$5
カンボジアでお肉ってどう?って思ったけど、ここの名物なので一応いただきます~
辛みのソースもついてきて、臭み消しの役割を果たしてるよう
ちょっと堅いけど、想像した通り!?お値段を考えれば、十二分です~
DSC02841.jpg

deep fried spring roll揚げ春巻き$3
よくあるアジア風の春巻き
DSC02840.jpg



お肉を食べてビールをのんでも〆て$14(アメリカドル)
お値段は、お昼のランチ並み!!とってもお安いです

お値段なりのお味で、外人に人気のお店です
並んでまでは・・・と思いますが、店員さんはとても忙しそう~
お客さんはゆっくり飲んで食べてる人と、ささっと出ていく人といるのですが、
それなりに回転はしてました



どろどろになったのでシャワーを浴びますが、
サンダル足だったので、もうシャワールームはまっちゃっちゃ
よく歩いた一日でした


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光、シェムリアップ
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

ベンメリアは探検です③

1日目⑥

ベンメリア遺跡の第二回廊での分岐点


まずは中央祠堂方面
P1040052.jpg



木の根っこに飲み込まれそう
周りは森に囲まれてます!
P1040072.jpg



いきなり飛び出してくる子供たち、ぴょんぴょん登っていって、すばしっこいです
恰好のかくれんぼ場所となってるよう
P1040127.jpg


中央祠堂から先は、行き止まり
光が差す窓から見えるのは、歩いてきた参道
P1040066_2017021721563670d.jpg


中央祠堂からの眺め
Wikipediaによると、周囲は4.2kmですが、アンコール・ワットを凌ぐといわれるほどの規模と推測されてます
修復が不可能なまま、自然と共存しつつ、現在に至ってますが、そのうちに全容が見えてくるかもしれません
P1040065.jpg


近すぎてよくわからないけど、中央祠堂
P1040069.jpg




今度は、秘密の部屋方面


階段を降りたところは秘密の部屋と呼ばれる会議室があったと考えられてるところ
P1040023.jpg


真っ暗で引き返そうかと思ったほど
ひんやりしていて虫類がまとわりついてきそうで、怖かったですーーー
P1040024.jpg



秘密の部屋を抜けると、足場が悪く、みんなへっぴり腰で大変です~
P1040056.jpg


参道も壊れてますが、かろうじてわかります
P1040078.jpg


参道の先は激しく倒壊した石の山
アンコール遺跡群の石に開いた小さな穴は、象が石を運ぶ時のためのもの
P1040035.jpg


経蔵
P1040070_20170219154527ab4.jpg


壁に残る美しい彫刻
P1040029.jpg


デバター
P1040041.jpg



周りは森に囲まれジャングル
P1040071.jpg


天然ブランコまで登場です
壊れないから不思議・・・・
P1040090.jpg


座敷童子が出てきそう~!
P1040040.jpg 


今まで見たアンコール遺跡とは別世界です
発見されたままの姿は、タイムトリップしたようで神秘的な遺跡で、子供に戻ったように大冒険を楽しみました
P1040045.jpg


夫は「壊れすぎて原型がわからない~、もう二度目はいいかな~」
というか、
アンコール遺跡群に何度も何度も行く人もいないと思いますけど~(私の心の声)
P1040138.jpg




帰りはひたすら国道6号線を走ります
ドライバーに料金$38のところ、$40渡したらとっても喜んでました




2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

迫力満点のベンメリア②

1日目⑤

森の中に眠る巨大遺跡ベンメリア

ベンメリアは、アンコールワットと類似点が多く、「東のアンコールワット」とも呼ばれ、天空のラピュタのモデルになったとも言われてます


ナーガの欄干
P1040001.jpg


入口には地雷撤去マーク
内戦当時の地雷も多く埋まってたところで、今は遺跡内の地雷撤去が終了し、木道の整備も進んでいて、安全に見学できるようになりました
ガイドをつけると理解が深まってよいとは思いますが、ガイドさんが出払ってていません~っ
ゴーイングマイウエイの我が家、つけたところで!?馬の耳に念仏・・・・
ガイドブックくらいのレベルであればガイドはなくても大丈夫!みんな個人で好きなように周ってます!
P1040005_20170216225911ba7.jpg


アンコール遺跡はほとんと森の中に埋もれてますが、
進んでいくと、発見されたままの手付かずな遺跡なのがわかります


激しく倒壊した遺跡にびっくり!!
P1040010.jpg


入口近くの大きな木
あちこちに根が張り巡らされ、石も崩れ落ち、回廊が飲み込まれちゃって大変ですーーー
P1040051.jpg


最近整備された木道
これをたどれば間違いないです!
P1040135.jpg



第三回廊
破風にはインドラ神
P1040014.jpg


これは経蔵だ~!
写真ではどれも小さく見えるけど、どこも大きくて迫力満点です~!
P1040011.jpg


こちらが残ってるのは柱だけ
どこも壊れまくってます
P1040057.jpg

ドラゴンクエストの大冒険の世界みたい
P1040107.jpg


この苔むし加減、とても神秘的で素敵~
P1040019_201702162337238af.jpg



第二回廊のラーマヤナのレリーフ
P1040055.jpg


歩いてるところはこんな感じ
迷い込んだ映画の世界みたい~
山登りしてるのか、観光かわからなくなってきてるかも~
P1040021.jpg




これがラピュタの世界!!
見てないからわかりません~っ
P1040061_2017021721543549a.jpg



アンコール遺跡は訪れた時ならではの顔を見せてくれます
P1040060.jpg



分岐点に到着です~


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行