リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

美しいバンテアイ・スレイ

アンコール遺跡の旅の続きです

4日目③


最終日に周った遺跡は好きなところばかり!

アンコル・ワーットからトゥクトゥクで一時間弱ほど

郊外のバンテアイ・スレイ


規模は小さいけど、「女の砦」という意味を持つ赤砂岩の美しい寺院
精細で美しい彫刻が見どころです
P1070736.jpg



東門
入場口ですでに写真撮影で大混雑~
団体さんの流れがあるので、はまると大変です
P1011369.jpg


破風の彫刻、彫りが深くて素晴らしい~
カーラの上に座るヴィシヌ神
P1070684.jpg



リンガの石柱が並んだ参道
P1070687.jpg



第一周壁の門
遠目から見ても、美しい三角屋根です
P1070692.jpg


東塔門
P1070694.jpg


施された見事なレリーフは踊るシヴァ神
ヒンズー教ってちょっとお茶目なところがあるのも魅力です
P1070695f.jpg



中央祠堂を守るように並んでる像
P1070703.jpg


こちらはかわいげな半神半獣の像
P1070720.jpg


経蔵
P1070719.jpg


経蔵に刻まれたマーバーラタのレリーフ
精細で美しいです
P1070702.jpg




なんといっても見どころは
中央祠堂の東洋のモナリザ
P1070708.jpg


しなやかで優しいレリーフ
盗掘しようとした人がいたほどの美しさ
いまでは、ロープの規制線があって、近づくことができません~
P1070704.jpg


アンコールワットのレリーフよりも状態も良く、とっても美しくてほれぼれします
P1070705.jpg


ラーマヤナのレリーフ物語
P1070712i.jpg


クメール美術の最高峰といわれ、遺跡が美術館のよう
アンコール・ワットとは赤い遺跡で、とっても美しいです
訪れた時間は、今回はお昼時で、ちょっと逆行気味でしたが、
太陽の光が当たる午前中がおすすめ!反射して美しいです
P1070722.jpg


出口の西門
P1070732.jpg


アンコール遺跡では野生動物とも出会います
アンコール遺跡を勧めてる友人は、「やっぱりジャングルはいやよー」っていうかしら
見どころもたくさんあって、アジアはちょっとと思ってる方にものんびりしてるのでおすすめしたいです
P1070682_20170426174718d16.jpg



前回(2015年)に訪れたお話はこちら


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ


関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

アンコール・ワット第三回廊へ

アンコール遺跡の旅の続きです

4日目②

本日アンコール遺跡観光の最終日
ドライバーは7時待ち合わせを20分遅らせてもらいました


目指すのは、アンコール・ワットです
P1070616.jpg



前回混雑で挫折した第三回廊

わき目もふらずに目指します

昔補助階段がなかったときは、こちらの階段を上ってたとか!?
今は封鎖されてます
P1060424.jpg



入口は、すでに列ができていて、昨日よりも長い・・・
ここは待つしかありません!
入場するまで30分ほどかかりました

また神聖な場所なので、
・月に4日ほどある仏教の日には上ることができません
・服装の制限と、入場規制があり、上るときに、札が配られます


ここ数年でできた補助階段をのぼると
P1060423.jpg



下を見るとちょっと怖い・・・
P1070664.jpg


しかし~

緑に囲まれたアンコールワット、眺めはよくきもちがよいです
P1070626.jpg




正面の参道方面
経蔵に西塔門、まっすぐに伸びた道が計算しつくされたように美しい
P1070650.jpg



塔は回廊で囲まれてます
P1070652.jpg


回廊にも彫刻が施されてます
P1070654.jpg

たくさん並んでるデバター
P1070657.jpg


アプサラのレリーフ
P1070634.jpg



とっても神聖な場所の中央祠堂P1070639.jpg


大きくて見上げるようです
細かい仏像の彫刻が施されてたり、美しいデバターがたくさん並んでます
何度来ても外せない場所です
P1070643.jpg


外壁に彫られたデバターは、アンコール・ワット一美しいといわれる芸術品です
P1070656.jpg




見どころに謎が多いアンコール・ワット
まだまだ名残惜しい~
ちょっとだけ遠いところまで足を運ぶので、先を急ぎます
P1060460.jpg




アンコールワット入口近くの休憩スポット
新しいスポットができてびっくりです
P1060903_20170424174124ab7.jpg


ところどころにトイレはありますが、休憩をかねて、アイスをいただきました
濃厚でおいしいマンゴアイス$2
P1070677_201704241742124d1.jpg



ドライバーと合流して出発です~


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

J7ホテルの朝食ビュッフェ

アンコール遺跡の旅の続きです

4日目①

前日にホテルホッピングをしたので、改めてホテルの朝食の紹介です


宿泊したJ7ホテルの朝食


オープンは6:30
DSC03451.jpg


しかし、
オープンした直後は、お料理が並んでるのもちらほら
ここはカンボジア、のんびりムード
2日間、こちらでいただきました
どっしりとしたダイニングテーブルで、広々しています
DSC03349.jpg



こちらのホテルはビュッフェ方式

パンにドーナッツ
DSC03438.jpg

シリアル
DSC03351.jpg

ハムやサラダなどのコールドフードに、バナナ、スイカなどフルーツ
DSC03441.jpg


ヌードルスタンドとエッグスタンド
DSC03436.jpg



量が多かったからか、麺はちょっと伸びてました
DSC03355.jpg


エッグスタンドで作ってもらった毎度毎度おなじみのオムレツ
DSC03444.jpg


食べたものは
ハンバーガー、パスタ、チョコが入ったクレープなど
DSC03443.jpg


そのほかチャーハンもあり、
和食はなく、ウエスタンと中華料理が主流です
DSC03442.jpg


オレンジジュースは、一日目はフレッシュなオレンジをしぼってくれてとってもおいしかったです
二日目も同じものだと思ってたら、出来合いのものが出てきたので、この差はわかりません
コーヒーはエスプレッソマシーンで煎れてくれました


ゆったりとおいしくいただきましたが、
この前に宿泊したサライ リゾート&スパのアラカルトだったので、ホテルホッピングして気分も変わって正解でした




ホテルチェンジ後の一日目はペースがつかめずに、
ドライバーとの約束の7時に間に合わず、遅くしてもらいました


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

クラフトビールが飲めるシェムリアップブリューパブ

アンコール遺跡の旅の続きです

3日目⑫

夜ご飯は、
ビアレストラン「SIEM REAP BREWPUB(シェムリアップブリューパブ)」
DSC03342.jpg


クメール料理にこだわらず、
日本人オーナーによるシェムリアップ初のクラフトビールが飲める数年前にオープンしたレストランです!



室内もありますが、案内された屋外でいただきます
照明も暗いので、ぶれた写真が多くて申し訳ありません

中庭の池があって、雰囲気も素敵
DSC03330.jpg



いろいろな種類のビールをいただける飲み比べセット$3*2
説明してくれたけど、フルーティで芳醇なものから、濃厚な黒ビールまで、いろいろな味を楽しめます
ビールは苦みがあるほうが好きなので、どちらかというと全般的にフルーティな味わいでした
DSC03327.jpg


夫が追加で頼んだビール
DSC03337.jpg


おつまみの揚げピーナッツ
DSC03328.jpg

カレー
タイカレーのように香草が利いておいしいです
カレーはあたりが多かったです
DSC03335.jpg


気をよくして、追加で頼んだ牛肉炒め
まったくわからない画像ですが、牛肉です
一品目の感動はなかったけど、牛肉料理よりもカレーが無難です
ここのレストランでも頼むものによって、口コミも変わるんだろうな~と思いました
DSC03339.jpg


お料理のお値段はお手頃です
〆て$30

外人率が高いお店で、ビールだけ楽しむ方も多かったです
ピアノ演奏もあり、雰囲気がとってもオシャレ
スタッフも気が利いて、とても親切でした



SIEM REAP BREWPUB
住所:Corner of Street 5 and Shinta Mani,Phum Mondul II, Sangkat Svay Dong Kom,Siem Reap City , Cambodia


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

やっぱりアジアな繁華街「オールドマーケット近辺」

アンコール遺跡の旅の続きです

3日目⑪


長い一日の観光を終え、
ドライバーにオールドマーケットまで送ってもらってお別れ

今回初めてのシェムリアップの一番の繁華街オールド・マーケット
DSC03408.jpg


地元の人がお買い物をする市場、観光客のお土産物屋さん、レストランなどが集まったにぎやかなところ
繁華街でありながら、いかがわしい雰囲気がまったくなく、緊張感0でリラックスできるところです
DSC03310.jpg


魚介の産地でもあるので、鮮魚売り場
DSC03307.jpg


干物屋
この辺りは、蛸とかイカなので、まだまだ大丈夫です!?
DSC03395_2017041917352868f.jpg



Tシャツ、調味料などのお土産物屋さんのブロック
DSC03407.jpg




こちらは

レストランが並ぶパブストリート
DSC03312.jpg


夜はとってもにぎやかなところ
多くの世界の料理店が並び、安い食事が楽しめる国際色豊かで面白いところです
DSC03380.jpg


そうそう
日本でもいなごは佃煮でも見ますが、アジアといえば虫・・・・
黒っぽいものがグロテスクすぎて、ただならぬオーラを放ってたので私は近づかなかったけど・・・・、
夫は面白そうに近づいていき、撮ってきた写真、
グロテスクなアップは割愛しますが、さそりっぽいものとか、蜘蛛まで並んでます
蛇を食べてる観光客を見て、まさにアンビリーバボー
夫もほかの人も大騒ぎでした
DSC03393.jpg



また
メインのストリートシヴァタ通り

レストランにホテルに続々とオープンしきれいな建物も増えたけど、アジアですね~
DSC03315.jpg


ショッピングセンターのラッキーモールも
スーパーが入って、お買い物しやすいところです
DSC03321.jpg


1階奥がスーパーマーケット
DSC03323.jpg


3階だったか、
日本では少なくなった子供たちの遊び場もあって、懐かしい香りでいっぱいです
DSC03430_20170419173150a4d.jpg


2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行